院長の挨拶

院長のご挨拶

九州医療センターのホームページへのアクセスありがとうございます。
院長の村中でございます。当院のご紹介とご挨拶をさせていただきます。
九州医療センターは九州全域を診療圏とする高度総合医療機関であり、がん、循環器、合併精神病、膠原病・リウマチ、血液疾患、肝疾患、代謝・内分泌、感覚器、腎、骨・運動器などの広域にわたる高水準の医療、ならびに循環器、脳卒中を中心とする高次救急を展開しています。加えて地域の中核病院としてAIDS、広域災害の九州ブロック拠点病院、地域医療支援病院、がん診療連携拠点病院としての役割を果たす他、臨床治験をはじめとする臨床研究、卒後教育・研修にも力をいれ、前者は臨床研究センターを併設し、全国の治験拠点施設でもあります。後者は単独型臨床教育指定病院として全国有数の研修医受け入れ病院であり、また、地域医療研修センター、スキルアップラボを中心に活発な研修支援活動を行っています。


なにより、一人の患者さんに対し診療科、職種をこえ院内全ての能力を結集し最適な医療を提供するといった、徹底したチーム医療の遂行が当院の特色であり伝統でもあります。
 当院はサブセンターを中心に徹底したチーム医療をモットーに各診療科、関連スタッフが情報を共有し、施設の能力を最大限にいかした安全かつ最適な納得の医療を提供します。また、最新の医療機器・設備を配し、高精度かつ効率のよい医療サービスと特殊で高い医療ニーズに対応できるよう様々な診療体制を整えています。さらに、若手医師育成のための教育にも力を注いでいます。
皆様ご存じのようにいま、医療を取り巻く環境は激変しつつあり、医療崩壊の声も聞かれます。基本理念にもうたっておりますように、我々はこのような変化にしなやかに対応し、よりよい医療サービスの提供にむけて一丸となって努力をおこたらず改善に取組んでいく覚悟です。皆様の変わらぬご指導、ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

九州医療センター 基本理念

病む人の立場に立って
安全かつ最適な医療を提供します。
病院長 村中 光

入院される皆様へ

受診される皆様へ

医療関係者の方へ

病院について