2018年度のお知らせ

「いのちのホームルーム」ボランティア養成講座開催のお知らせ

「いのちのホームルーム」とは

今「がん」は国民の2人に1人が罹患する疾患であるにもかかわらず、健康な時からがんについて学ぼうという意識は低いです。
「がん=死亡」「がん療養=制限の多い生活」など、マイナスなイメージの認識を変えていく地域活動(教育)が必要であると考えています。
正しい知識がないことが、小児がん患者を含むがん患者に対する偏見や差別につながり、それが患者・家族の精神的苦痛や、社会的苦痛を生む恐れも考えられます。
今の子どもたちは、死が身近になく、死の捉え方も個人で大きく違います。
死について、人として生まれたからには必ず死が訪れます。
しかし、それまでは「1日1日を大切に生きる」という教育が必要です。
そこで福岡では、2013年に“未来ある子ども達へ伝えたい「いのちのメッセージ」がん教育プロジェクト“を立ち上げ、各学校に出向いて「正しいがんの知識」だけでなく「いのちの大切さ」を伝えています。今までに総勢12,000人以上の子ども達に伝えてきました。

ほんの少しのお手伝いでも大歓迎です!
一緒に活動してみませんか?
皆さまのお力をお貸し下さい!
皆さまのご参加をお待ちしております。


情報掲載日:2018年02月14日[水]

受診される皆様へ

すべてを閉じる

2018年度のお知らせ

2017年度のお知らせ

2016年度のお知らせ

2015年度のお知らせ

2014年度のお知らせ

2013年度のお知らせ

2012年度のお知らせ

2011年度のお知らせ

2010年度のお知らせ

2009年度のお知らせ

2008年度のお知らせ

2007年度のお知らせ

2006年度のお知らせ