2011年度のお知らせ

東日本大震災に係る九州医療センターの災害医療活動について

東日本大震災に係る九州医療センターの災害医療活動について

当院は国立病院機構の一員として震災の医療支援に協力しています。

平成23年3月11日、東北地方太平洋沖地震発生(14:46、震度7、M9.0)。

○災害対策本部を設置。
○3月12日〜3月13日災害医療派遣チーム(DMAT)を宮城県霞の目基地へ1隊(5名:医師2名、看護師1名、調整員(臨床工学技士)1名)、3月13日、3月14日福岡空港SCU立ち上げのために1隊(4名:医師1名、看護師2名、調整員1名)計2隊派遣しました。
○地震による福島原発事故に伴い3月18日〜3月22日被ばくスクリーニング班(3名:医師1名、放射線技師1名、調整員(検査技師)1名)を派遣しました。
○3月23日〜3月27日災害医療救護班(5名:医師2名、看護師2名、調整員(事務職)1名)を宮城県に派遣しました。
○3月28日〜4月3日看護師等支援班に事務職員1名を派遣しました。
○3月30日〜4月4日災害支援ナースとして看護師長1名を宮城県に派遣しました。



▲DMATによる被災者搬送


▲DMATによる被災者搬送



▲災害医療チームによる診療


▲放射線チームによる被曝スクリーニング

当院は「愛の手プロジェクト」に参加しております。


情報掲載日:2011年04月01日[金]

病院について

すべてを閉じる

2018年度のお知らせ

2017年度のお知らせ

2016年度のお知らせ

2015年度のお知らせ

2014年度のお知らせ

2013年度のお知らせ

2012年度のお知らせ

2011年度のお知らせ

2010年度のお知らせ

2009年度のお知らせ

2008年度のお知らせ

2007年度のお知らせ

2006年度のお知らせ