2020年度のお知らせ

新型出生前検査をご希望される妊婦さんへ

ご妊娠おめでとうございます。
当院では無侵襲的胎児遺伝学的検査(NIPT)による出生前胎児染色体検査を行っております。受け入れ人数に限りがあるため、ご希望された方が皆さん検査を受けて頂けるわけではないことをご理解ください。
お申し込みに際しては、下記の事項を良くご確認ください。

・NIPTによる出生前胎児染色体検査の対象となる疾患は、21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミー
 (エドワーズ症候群)、13トリソミー(パトウ症候群)の3疾患のみです。

  ●従来の羊水・絨毛検査の代わりになるものではありません。
  ●羊水検査では検出できても、NIPTでは検出できない染色体の変化もあります。
  ●赤ちゃんの健康を保証する検査ではないので、妊娠中の安心が得られるとは限りません。
 
・確定診断ではありません。
  ●検査結果は陽性、陰性、判定保留の3つがあります。
  ●陽性の場合、確定診断では羊水検査または絨毛検査が必要です。
  ●陽性の場合、赤ちゃんの染色体に変化が認められる可能性は、60~90%程度で、母体年齢や疾患に
   よって差があります。
  ●陰性の場合、赤ちゃんに21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーがある可能性は99.9%否定されま
   すが、完全に否定することはできません。
  ●陰性判定によって、流産リスクを伴う羊水検査を回避できる可能性がありますので、羊水検査を受けよう
   となさっている方にとってはメリットがあるかもしれません。
  ●陰性判定には偽陰性(本当は赤ちゃんに検査対象の染色体の変化があるのに、検査結果が陰性となるこ
   と)がありえます(数千人に一人程度)。

※対象とならない妊婦さん
  ●赤ちゃんに超音波検査で形態変化が証明されている(転座を含めて診断可能な羊水検査または絨毛
   検査を推奨します)
  ●両親のいずれかが転座などの染色体構造変化の保因者である(羊水染色体検査を推奨します。
   ただし、21、18、13番染色体に関連する転座などでは本検査の対象になる場合があります)

お申し込みに際してのお願い、注意事項

  • かかりつけの産科で分娩予定日を決定してもらってください。
  • 申込用紙に「新型出生前診断希望」と明記し、検査を受けたい理由を選択してください。詳しく述べたい事由がある場合には、空欄に記載してください。分娩予定日を忘れずに記載してください。
  • お申し込みは、なるべく妊娠9週0日から妊娠14週6日までの間にご提出ください。
  • お申し込みをお断りする事があります。他施設での検査をご検討ください。
  • 遺伝カウンセリングの日程はこちらから指示します。ご夫婦そろってご来院できるようご準備をお願いします。
  • 遺伝カウンセリングまでに、かかりつけ医から紹介状を頂いて、遺伝カウンセリングの時にご持参ください。フォローアップをお願いする上で必要ですので、必ずご持参ください。
  • 検査の採血は、現在はカウンセリング当日も可能です。
  • 検査結果は来院していただいた上で開示します。電話などによる結果説明は、いかなる理由があっても行いません。
  • 陽性や判定保留で羊水検査を希望される場合は、当院での検査をお薦めします。
  • 検査費用のほかに遺伝カウンセリングの費用が掛かります。費用についてはこちらをご参照ください。

検査を受ける前に考えておくこと

出生前診断の本来の目的は、産まれる前に赤ちゃんの状態を調べることで、ご夫婦に赤ちゃんについての情報を提供し、お腹の赤ちゃんに治療を行ったり、出生後の赤ちゃんの治療の準備をしたりすることです。しかしながら、赤ちゃんが病気をもっていることが分かることで、ご夫婦やご家族はその妊娠を継続するか中絶するか、本来は不本意であるはずのつらい選択をせまられることになるかもしれません。ですから、検査を受けるかどうかの前に、お二人にとってこの子はどういう存在なのか、お二人で十分に話し合いを行ってください。
その上で、遺伝カウンセリングを受診し、検査や対象疾患の正確な情報と心の整理をして、最終的にNIPTを受けるかどうかご夫婦で決定することが大切です。

情報掲載日:2020年08月25日[火]

受診される皆様へ

すべてを閉じる

2020年度のお知らせ

2019年度のお知らせ

2018年度のお知らせ

2017年度のお知らせ

2016年度のお知らせ

2015年度のお知らせ

2014年度のお知らせ

2013年度のお知らせ

2012年度のお知らせ

2011年度のお知らせ

2010年度のお知らせ

2009年度のお知らせ

2008年度のお知らせ

2007年度のお知らせ

2006年度のお知らせ