2013年度のお知らせ

H5N1インフルエンザワクチン被験者募集について

平成25年 9月 27日     
平成25年 10月 4日 改訂(誤記訂正)
国立病院機構 九州医療センター


H5N1プレパンデミックワクチンの臨床研究の実施について


 新型インフルエンザ等対策政府行動計画に基づき、平成25年度厚生労働科学研究事業により実施するH5N1プレパンデミックワクチンの安全性に関する研究において、下記の条件によりプレパンデミックワクチンの接種を検討しております。つきましては、接種を希望する方は、10月25日(金)までに下記担当者宛てにご連絡をいただきますようお願い申し上げます。

1.参加条件
  1. 接種対象者:新型インフルエンザ等対策ガイドラインの「予防接種に関するガイドライン」に記載のある対象者(参考1)(先着50名)
  2. 接種費用:無料(その他の接種に係る交通費等は被接種者の負担となります)
  3. 接種時期:2013年12月頃(約3週間間隔で2回接種)
  4. 接種場所:国立病院機構 九州医療センター
  5. 接種ワクチン:沈降インフルエンザワクチン(H5N1株)(エジプト株)(別添資料)
  6. その他:被接種者には、接種後の体調等に関する調査および新型インフルエンザ発生時の発症予防調査に御協力をお願いします

2.留意事項
  1. 研究の一環として接種を実施しますので、御希望の状況によっては、接種人数を制限することがありますので予め御承知ください。
  2. プレパンデミックワクチンの安全性については、平成20年度の厚生労働科学研究により、約5,561人の接種が実施され、結果が得られております。(参考2)


連絡先

国立病院機構 九州医療センター
住所:〒810-8563
福岡市中央区地行浜1-8-1
電話番号:092-852-0700(代)
研究責任医師:岸原 康浩
担当者:臨床試験支援室 萩田 麻代(9~17時)



参考1

予防接種に関するガイドライン(抜粋)
臨床研究の対象者については、WHOに助言している諮問委員会が提示している範囲を踏まえ、鳥インフルエンザA(H5N1)ウイルスを扱う研究者、鳥インフルエンザ発生時に防疫業務等に従事する者、医療従事者とする他、積極的疫学調査に従事する者や、有効性・安全性等に関する正確な情報を分かりやすく情報提供した上で指定公共機関等で国民生活及び国民経済の安定に寄与する業務に従事する者等とすることが考えられる。”




参考2
平成20年度厚生労働科学研究
「新型インフルエンザプレパンデミックワクチンの安全性・免疫原性および交叉免疫性に関する研究」
(研究代表者:庵原俊昭 国立病院機構三重病院院長)


○参加者
研究の目的に当てはまる選択基準を全て満たす検疫所、動物検疫所、植物検疫所、地方入管理理局、空港警察署、国立感染症研究所、実施医療機関等に勤務する職員のうち文書による同意が得られた5,561名。

・全身性副反応及び局所副反応の種類と頻度は、治験時の副反応の種類や頻度と同等。
・接種後観察期間30日後までに入院となった有害事象は8名。
・71%の被接種者が、ワクチン接種部位に発赤・腫脹・疼痛・熱感・かゆみが観察された。
・34.1%の被接種者が、ワクチン接種後に頭痛・倦怠感・鼻水が観察された。
・2回目の接種による副反応は、1回目より低頻度。

情報掲載日:2013年09月30日[月]

受診される皆様へ

すべてを閉じる

2018年度のお知らせ

2017年度のお知らせ

2016年度のお知らせ

2015年度のお知らせ

2014年度のお知らせ

2013年度のお知らせ

2012年度のお知らせ

2011年度のお知らせ

2010年度のお知らせ

2009年度のお知らせ

2008年度のお知らせ

2007年度のお知らせ

2006年度のお知らせ