2007年度のお知らせ

赤ちゃんにやさしい病院」に認定されました

▲BFH認定証

赤ちゃんにやさしい病院とは

赤ちゃんにやさしい病院、Baby Friendly Hospital(BFH)とは、WHO/ユニセフが世界中で認定するものです。 1991年から「母乳育児を成功させるための10カ条」を尊守し実践する施設を認定しています(下表)。グローバルな病院機能評価といえます。 当院は2007年8月「赤ちゃんにやさしい病院」に認定されました。現在国内のBFHは46施設です。

なぜ母乳育児なのでしょう

母乳(breastmilk)は、人間という種のための特異性を持っており、乳幼児の食物としては,唯一無比に優れたものです。栄養学的優位性、免疫学的優位性があり、しかも衛生的で経済的です。下痢、下気道感染、中耳炎、細菌性髄膜炎、敗血症等のさまざまな感染症の頻度や重症度を減少させます。 一方、授乳(breastfeeding)する行為は、吸啜刺激を通じてオキシトシンとプロラクチンの分泌を促し、「子宮復古を早める、生理的に避妊する、母親の精神を安定させる、乳癌になりにくい」など、母体の健康に良い効果をもたらします。 そして直接吸啜(skin-to-skin contact)とプロラクチンは精神的・内分泌的に母性を刺激するmotheringと呼ばれる効果があり、母性の確立を促すことが知られています。 私達は豊かな母子関係を育むために母乳育児を推進しています。

当院での主な母乳育児の取組み

平成14年に出生直後からの母子同室としました。母子がいっしょにいることでお互いのリズムが同調し頻回の授乳となり母乳分泌が増加します。
 平成16年には出生直後のカンガルーケアを開始しました。分娩台で裸の我が子を抱いて授乳をさせるのです。滲む程度の少量の母乳ですが母乳分泌にも母子関係にも良い影響を与えます。
 平成17年にはBFH推進委員会を設置し病院全体で取り組みました。
 そして本年8月に富山で開催された母乳育児シンポジウムでのBFHの認定へと実を結びました。


BFHI活動

BFHに認定された施設は、同時にBFHI(Baby friendly hospital initiative)活動(母乳育児推進運動)を実践する役割を担います。周産期センターで研修する多くの看護学生・助産学生、臨床研修医に母乳育児を教育すること、そして国立病院機構あるいは福岡・九州の中で母乳育児を普及していくことも当院の役割と考えております。
 皆さんにも母乳育児の意義を理解していただき、母乳育児推進にご協力していただければ幸いです。

表 母乳育児成功のための10ヵ条

  1. 母乳育児推進の方針を文書にして、全ての関係職員がいつでも確認できるようにしましょう。
  2. この方針を実施するうえで必要な知識と技術を全ての関係職員に指導しましょう。
  3. 全ての妊婦さんに母乳で育てる利点とその方法を教えましょう。
  4. お母さんを助けて、分娩後30分以内に赤ちゃんに母乳をあげられるようにしましょう。
  5. 母乳の飲ませ方をお母さんに実地に指導しましょう。
    また、もし赤ちゃんをお母さんから離して収容しなければならない場合にも、お母さんに母乳の分泌維持の方法を教えましょう。
  6. 医学的に必要で無いかぎり、新生児には母乳以外の栄養や水分を与えないようにしましょう。
  7. お母さんと赤ちゃんが一緒にいられるように、終日、母子同室を実施しましょう。
  8. 赤ちゃんが欲しがるときは、いつでもお母さんが母乳を飲ませてあげられるようにしましょう。
  9. 母乳で育てている赤ちゃんにゴムの乳首やおしゃぶりを与えないようにしましょう。
  10. 母乳で育てるお母さんのための支援グループ作りを助け、お母さんが退院するときにそれらのグループを紹介しましょう。
(WHO/UNICEF: the Ten Steps to Successful Breastfeeding,1989)
国立病院機構 九州医療センター 周産期センター長・小児科医医長
佐藤和夫

情報掲載日:2007年08月01日[水]

受診される皆様へ

すべてを閉じる

2018年度のお知らせ

2017年度のお知らせ

2016年度のお知らせ

2015年度のお知らせ

2014年度のお知らせ

2013年度のお知らせ

2012年度のお知らせ

2011年度のお知らせ

2010年度のお知らせ

2009年度のお知らせ

2008年度のお知らせ

2007年度のお知らせ

2006年度のお知らせ