個人情報保護方針

個人情報保護方針について

九州医療センターの個人情報保護についての考え方


1.当院の機能と役割

当院は急性期の高度先駆的総合医療を患者の皆様に提供すると共に、以下の医療機能を有しています。

  1. 地域医療機関との連携を進め、地域中核となる紹介型の地域医療支援病院であること
  2. 質の高いがん診療における地域の拠点となるがん診療連携拠点病院であること
  3. 研修医の臨床研修を担う臨床研修指定病院であり、看護助産学校も併設していること
  4. 高度な臨床研究を行うべく臨床研究センターを設置していること


当院は、これらの機能を担うために、以下のような役割を果たしたいと考えています。
  1. 皆様のご期待に応えるべく、高度で安全な医療を提供するために、日々切磋琢磨し、たゆまぬ努力を続けること
  2. 地域のかかりつけ医、かかりつけ病院と患者の皆様を中心とした円滑で適切な診療を継続するために必要な診療情報を共有し、密接な医療連携を進めていくこと
  3. 医師、看護師を始めとした多職種にわたる質の高い卒後臨床教育を行うと同時に、看護助産学生育成のための教育を担っていくこと
  4. 質の高い臨床研究を行い、その結果を高度先駆的総合医療として患者の皆様へ還元すること
  5. 匿名性を確保した上で、診療実績や診療内容等を広く国民の皆様に公開していくこと
  6. 個人情報たる患者の皆様の診療情報を厳しく管理し保護していくこと
  7. 必要に応じて、患者の皆様に「健康調査」を行うこと


 2.患者の皆様へご協力のお願い

上記の役割の一環として、診療・看護にあたって、教育上の見地から患者の皆様にご協力をお願いすることもありますので予めご了承ください。さらに、患者の皆様にはときに臨床治験、臨床研究に参画していただくようお願いすることがあります。担当者から説明を受けて同意いただける場合にはぜひご協力をお願いいたします。
質の高い臨床研究や臨床治験を実施するために、患者の皆様の治療経過や臨床検査値等をデータとして使用することがあります。ただし学術目的以外では絶対に使用いたしません。また、どのような場合であっても、個人を特定出来る氏名や住所等のデータは一切使用いたしません。なお、当院では不法侵入及び防犯のため外来ホール及びエレベーター内等でビデオ監視を行っていますのでご了承願います。

3. 当院での患者の皆様の個人情報、診療情報の取り扱いについて

当院の機能である高度先駆的総合医療を実践するためには、患者の皆様から得られる診療情報は極めて重要な情報資源であり、何にも代え難い貴重なものだと考えております。そのため、院内において、患者の皆様の情報を有効かつ積極的に利活用することはもちろん、「当院の個人情報保護に関する考え方」を明確にすると同時に、それに基づいて厳格な取り扱いを行い、さらに、その保護には万全を尽くすことにしております。

 4.患者の皆様のご意向について確認させていただきたいこと

私たちは、診療情報を積極的に患者本人に提供し、患者の皆様にも自発的に診療に参加していただくことが、より満足していただける診療を提供できることにつながるのではないかと考えております。
したがって、患者個人としての、診療情報提供についてのご希望を診療申込時、入院時に書面にて確認させていただきます。この確認は永久的なものではありませんので、お気持ちが変わった時は、ご遠慮なくお申し出ください。
また、個人情報にかかる情報提供の対象者は、あくまで「患者本人」が原則であり、患者本人の意向に反して、もしくは、患者本人の同意を得ることなく、当院の「個人情報保護に対する考え方」に示す目的以外の利用や第三者へ提供されることはありません。しかし、いわゆるご家族も第三者に該当しますので、ご家族への情報提供についても患者本人のご意向を明確にしていただきますようお願いいたします。

5.当院の医療安全についての考え方

患者の皆様に安全な医療を提供すべく、日夜努力をしているところですが、日常診療におけるエラー防止、緊急時の対応等に対しては、安全上、患者の皆様の確認をはじめとして医療安全上の見地からも最大限の注意が必要だと考えております。
したがって、当院においては、入院病室における名札の表示、お名前を記載したリストバンドの着用、必要に応じた最低限度の呼び出し(緊急時の院内放送、ナースコール等)、呼びかけ、検査容器等へのお名前の記載等をあえて行うことにいたしております。
どうしても表示してほしくない等というご希望がある場合は、病院職員にその旨をご遠慮なくお申し出ください。

6.当院の個人情報保護方針(プライバシーポリシーについて)

当院の個人情報保護に対する考え方、方針(プライバシーポリシー)を以下にまとめます。

1)個人情報の収集について:

患者の皆様から個人情報を収集するにあたっては、診療や看護等、必要な範囲に限定いたします。他の目的に個人情報を利用する場合はその利用目的を改めてお知らせし、ご了解を得た上で実施いたします。具体的な例としては、医療サービスにかかるアンケート調査等がそれに該当いたします。

2)個人情報の利用及び提供について:

患者の皆様の個人情報の利用につきましては、以下の場合にのみ使用させて頂きます。本来の利用目的の範囲を超えて使用することはありません(患者の皆様が指名された以外の第三者に提供することもありません)。
  1. 患者個人の了解を得た場合
  2. 個人を識別あるいは特定出来ない状態に加工して利用する場合
    ※具体的な例としては、統計数値としての発表、患者個人を特定出来ない匿名性を確保した上での臨床研究や発表
  3. 法令の定めにより提供を要求された場合


3)個人情報適正管理について:

患者の皆様の個人情報については、正確かつ最新の状態に保つとともに、個人情報の漏えい、紛失、破壊、改ざん、又は不正なアクセスが起こらないようにたゆまぬ努力を続けるとともに万全の体制をとります。

4)個人情報の確認・修正等について:

個人情報に対し、患者本人から開示、訂正もしくは削除、または利用もしくは提供の拒否を求められた際には、社会通念や慣行、および当院の「診療に関する規定」に照らして、合理的な期間、妥当な範囲で応じます。

以上、急性期医療を担う高度先駆的総合病院、地域医療支援病院、がん診療連携拠点病院、臨床研修指定病院としての当院の診療方針、個人情報保護に対する考え方や診療情報提供にかかわる方針等を十分にご理解いただき、ご同意いただいた上で、受診していただきますようお願いします。
なお、診療情報提供や個人情報の保護などについて、ご意見、ご希望、ご不満等がありましたら、ご遠慮なく、患者相談窓口の担当者までお申し出ください。

平成23年4月1日
独立行政法人国立病院機構 九州医療センター院長

入院される皆様へ

受診される皆様へ

医療関係者の方へ

病院について