患者さんの権利と責務

患者さんの権利と責務

患者さんは、人としての尊厳を尊重されながら良質の医療を受ける権利があります。また、医療は患者さんと医療提供者が相互の信頼関係に基づき協働してつくり上げていくものであり、そのためには患者さんに主体的に参加していただくことが必要です。国民の生命と健康を守ることを使命とする九州医療センターは、「病む人に寄り添い、安全かつ最適な医療を提供します。」の基本理念のもと、このような考え方に基づき、「患者さんの権利と責務」を定めています。


九州医療センターはこれを遵守し、患者さんの医療に対する主体的な参加を支援していきます。




1. だれもが、個人の尊厳を守られ、良質な医療を公平に安心して受ける権利があります。
2. 病気や診療内容について、納得できる十分な説明と情報を受ける権利があります。
3. 十分な説明と情報提供を受けたうえで、治療方法などを自らの意思で選択・決定する権利があります。
4. 診療における個人情報が適切に管理され、プライバシーが保護される権利があります。
5. 診療記録の開示を求める権利があります。
6. 良質な医療の提供を受けるために、患者さんご自身の健康に関する情報を正確に提供する
  責務があります。
7. 納得のいく医療の提供を受けるために、医療に関する説明と情報提供を受けたときは、十分に理解できる
 まで質問し確認する責務があります。
8. すべての患者さんが等しく適切な医療を受けられるように、他の患者さんや病院職員に支障を与えないように
  配慮する責務があります。

受診される皆様へ

すべてを閉じる

外来診療

専門外来

地域医療連携について

MCセンター

入院・面会

費用について

医療チーム

教室・講座のご案内

患者さんの権利と責務

アクセスとマップ