平成27年度 九州医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 197 130 240 727 1109 1889 3977 4567 2565 261
 当院では出生児から高齢者まで幅広い年齢層への医療を提供しております。周辺人口では30-40歳代がピークですが、当院の入院患者に限りますと60-70歳代の方が多くなります。
 0歳児では出生児の集中治療(NICU)、1歳~10歳代では鼠径ヘルニア、肺炎、虫垂炎、20~40歳代では妊娠に関する治療(切迫早産など)、乳癌、膠原病・関節リウマチ、50~70歳代では各種がん(肺、肝、血液、胃、前立腺、乳腺)、狭心症、脊柱管狭窄症など、80歳以上では脳血管障害(脳梗塞、脳血管障害)心臓病(心不全・狭心症など)、各種がん(肝、膀胱、肺)、といった入院治療を多く行っています。
 
 すべての指標は厚生労働省通知の集計条件で集計しています。具体的には、平成27年度に退院した医療保険制度利用のみの患者で、臓器移植患者、DPC包括請求制度の対象外の患者(24時間以内に死亡した患者、新規保険適応の手術や薬剤・短期入院手術の一部など)などを集計対象外としています。このため、実際の当院の診療実績とは差があることがあります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx99x30x 胃癌の抗がん剤治療 16 6.4 6.67 0.0% 64.1
040040xx9904xx 転移性肺がんの抗がん剤治療 13 5.9 13.83 0.0% 67.5
060030xx99x3xx 後腹膜の悪性褐色細胞種や平滑筋肉腫など抗がん剤治療 13 8.0 7.63 0.0% 44.0
 主に胃癌、大腸癌、乳癌、頭頸部癌、腎癌、甲状腺癌で進行期にある患者さんの抗がん剤治療を行っています。総合病院であり、他の持病をお持ちの癌患者さんの治療にも最適な治療法を全員で検討し実践しています。また、臓器横断的な抗がん剤の専門診療科として、悪性軟部腫瘍や原発不明癌の治療にも尽力しています。
 
 (注)この集計ではDPC包括制度対象外の一部の新規抗がん剤などの治療での入院は含まれていませんので、実際の入院患者数より少ない数値となっています。
代謝内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病の診断・治療 192 14.4 15.35 1.0% 66.8
100180xx99000x 内分泌良性腫瘍の診断・治療 39 6.7 6.55 2.6% 60.7
100120xxxxxxxx 肥満症の診断・治療 22 18.2 20.84 0.0% 55.5
 代謝内分泌内科で最も多いのは、2型糖尿病の入院です。検査結果に基づいて最適な治療法を決定しますが、生活習慣の自己管理次第で成果も変わってくるため、適切な生活習慣と病気に対する知識を身につけていただくことも目的の一つです。糖尿病の患者さんが、診療科で手術を受ける前に、短期集中的に血糖コントロールを行う場合もあります。
 2番目に多いのは内分泌良性腫瘍の検査入院です。副腎、下垂体、甲状腺、副甲状腺などはホルモンを分泌する臓器であるため、良性腫瘍が見つかった場合、ホルモン分泌に異常がないかの精密検査を行います。検査の結果手術が必要な場合は、外科系の診療科と連携して行います。
 3番目は肥満症です。しっかり体重をコントロールすることで多くの肥満合併症が改善する可能性が高いため、肥満症の診断、合併症の検査とともに、適切な方法での減量治療を行っています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫などでのリツキシマブ療法 133 13.0 17.69 0.8% 71.1
130010xx97x2xx 急性骨髄性白血病の治療で抗がん剤治療と輸血を行うもの 67 30.1 43.59 3.0% 66.2
130060xx99x4xx 骨髄異型性症候群・不応性貧血などでアザチシジン治療を行うもの 57 10.1 11.17 0.0% 70.4
 非ホジキンリンパ腫とは血液細胞のがんの一種です。全身のリンパ節が腫れたり、寝汗や熱が続いて体重が減ったりします。リンパ節や骨髄の組織を採取して病理診断しますが、色々なタイプがあって使うお薬もそれぞれに異なります。一般的には、抗がん剤と抗体薬を組み合わせた治療を繰り返すことで治癒も期待できます。当院では毎年多くのリンパ腫患者さんを治療しています。急性骨髄性白血病は進行がとても速い血液がんです。発熱、貧血症状(だるさ、息切れ)、出血症状(紫斑、歯肉出血)が急に現れます。受診当日に緊急入院となることもしばしばで、無菌室を備えた専門病院での治療が必要です。抗がん剤治療だけで良くなるものから移植治療が必要になるものまで、白血病細胞の悪性度によって治療法が異なります。骨髄異形成症候群は貧血、白血球減少、血小板減少を伴う造血不全症です。ほとんどは慢性に経過しますが、急性骨髄性白血病に進展することもあります。治療法は輸血などの支持療法、造血因子による治療、免疫抑制療法、抗がん剤治療などからリスクに応じて選択します。完治させるための唯一の方法は移植治療ですが、移植に関連した合併症も多いためすべての患者さんに行えるわけではありません。
 
 (注)この集計ではDPC包括制度対象外である一部の新規抗がん剤などの治療や移植での入院は集計値に含まれていませんので、実際の入院患者数より少ない数値となっています。
膠原病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 膠原病の診断・治療 186 17.4 18.15 6.5% 55.4
070470xx99x5xx 関節リウマチでアバタセプトもしくはトシリズマブ治療を行うもの 129 3.1 6.72 1.6% 66.0
070470xx99x2xx 関節リウマチの診断・治療(リハビリテーションを行う場合) 55 22.9 26.73 18.2% 74.2
 当科では年間約560名の入院患者を診療しております。
 最も多い入院患者の病気は膠原病(全身性エリテマトーデス、強皮症、混合性組織病、皮膚筋炎/多発性筋炎など)であり、発病初期の患者さんから合併症を有する患者さんまで幅広く診療を行っております。膠原病は多臓器に病変をきたすことが多く、入院後にCT、エコー、MRIなどの評価を含め全身の評価を行った後に病変の広がりに応じた適切な治療を行うようにしております。また、合併症を有する患者さんや他院での治療が困難な患者さんに対しても積極的に受け入れ、最先端の治療を行っております。
 次に多い患者さんは関節リウマチです。関節リウマチの治療方針は近年格段の進歩を認めました。当科における治療も生物学的製剤治療を含め積極的な薬物治療を行っております。さらに、合併症などで治療困難な患者さんに対しても適切な治療を行う方針として、積極的に受け入れております。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎不全の診断・治療(血液透析などを行わないもの) 79 13.0 13.64 0.0% 73.0
110280xx02x10x 慢性腎不全で手術(シャント設置術、その他の手術)を行う場合 35 30.3 33.71 14.3% 69.1
110280xx02x11x 慢性腎不全で手術(シャント設置術、その他の手術)を行う場合で胸水などの合併症を伴うもの 16 40.8 46.80 12.5% 76.3
 慢性腎不全の診断・治療のため入院となった患者さんの内訳としては、血液透析などの腎代替療法を実施する症例と、腎不全の評価教育目的で入院となった症例に分かれます。

 腎代替療法を必要とする場合は、透析に必要な内シャント造設術を行い、内シャントが十分発達した後に、穿刺を行い血液透析を開始することが多く、そのため平均在院日数が30.3日となっています。また、腎不全の患者さんは、体液過剰による胸水貯留や、免疫能低下の状態にあることが多く、肺炎などの感染症を合併することが多く、これらの合併症の加療も行う必要もあり、平均在院日数も40日余りになっています。評価教育目的で入院された患者さんは、心血管系の合併症の評価も含め、血圧の管理、栄養指導、そして腎臓病教室の受講を中心に評価教育を行っています。そのためにも約2週間程度の入院が必要です。慢性腎炎症候群で入院となった患者さんは、腎生検を行い、慢性腎炎の確定診断を行い、適切な加療を行うようになります。ステロイドホルモンの投与が主流となりますが、約3週間前後の入院加療が通常必要となりますが、1ヶ月以上の入院が必要となる腎炎の症例があります。
高血圧内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050140xx99x00x 高血圧症の診断・治療 35 5.2 9.20 0.0% 58.2
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症などの診断・治療で静脈造影を行わない場合 24 3.8 6.55 0.0% 52.5
100180xx99100x 副腎皮質機能亢進症などの診断・治療で静脈造影を行う場合 11 4.6 4.70 0.0% 53.9
 当科では、血圧を下げる薬を3種類以上併用しても血圧が下がりにくい方や、原発性アルドステロン症などの二次性高血圧(高血圧の原因がはっきりしており、場合によっては手術などで高血圧が治ることもある)が疑われる方の紹介を多く受けています。外来減塩指導も含めて、必要があれば短期間入院して頂き、それらの方に精査加療を行っています。
免疫感染症内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130160xxxxx0xx 免疫感染症の診断・治療 26 12.6 21.61 0.0% 39.8
130160xxxxx1xx 免疫感染症の診断・治療で中心静脈注射を行うもの - - 45.39 - -
030270xxxxxxxx 上気道炎の診断・治療 - - 4.83 - -
 当院はエイズ、HIV感染症の九州におけるブロック拠点病院であり、免疫感染症科はその診療の中心となる科です。重篤な日和見感染症などを合併した患者を含め、エイズ、HIV感染症の先進的医療を行っております。
脳血管・神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010070xx99020x 内頚動脈狭窄・閉塞症、中大脳動脈狭窄・閉塞症、もやもや病などでの診断・治療(PET検査もしくはSPECT検査を行う場合) 291 3.5 5.67 0.3% 69.2
010060x099000x 脳梗塞の診断・治療 141 13.0 15.89 24.8% 71.1
010060x099030x 脳梗塞の診断・治療(エダラボン治療を行う場合) 135 15.5 18.08 43.7% 71.1
 DPC名称「内頚動脈狭窄・閉塞症、中大脳動脈狭窄・閉塞症、もやもや病などでの診断・治療(PET検査もしくはSPECT検査を行う場合)」は、それぞれの疾患を有する患者さんにおける脳梗塞リスク、危険因子、および合併症の評価を行うためのDPCです。短い期間で効率よく検査を進めています。
 DPC名称「脳梗塞の診断・治療」は比較的軽症の脳梗塞急性期の内科治療を表しています。自宅へ7-8割の方が退院され、2-3割の方がリハビリテーションを目的に転院されます。
 DPC名称「脳梗塞の診断・治療(エダラボン治療を行う場合)」は比較的軽症の脳梗塞急性期のエダラボンという脳保護薬を用いた内科治療を表しています。自宅へ5割強の方が退院され、4割強の方がリハビリテーションを目的に転院されています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99100x 肺癌・肺癌の疑いで気管支鏡検査を行う場合 171 3.1 3.29 0.0% 68.7
040040xx9904xx 肺癌の抗がん剤治療 116 13.5 13.38 0.0% 66.6
040080x099x0xx 肺炎・気管支炎の診断・治療 85 12.0 14.34 10.5% 67.5
 肺癌の診断のため、気管から細いカメラを挿入して、患部に鉗子を出して組織や細胞を採取して検出しています。カメラの先端にエコーなどを備えた最先端の気管支カメラを使用しています。緊急時に即対応できるよう2泊3日の入院で安全に施行しています。また、肺癌の治療に関しては最新の分子標的剤や免疫チェックポイント阻害剤の使用例が年々増加し、生存期間も数年前より延長しております。
 
 (注)この集計ではDPC包括制度対象外である一部の新規抗がん剤などの治療は集計値に含まれていませんので、実際の入院患者数より少ない数値となっています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管結石・胆管炎・閉塞性黄疸などで内視鏡治療を行う場合 103 10.6 10.93 5.8% 75.2
060020xx04x0xx 胃癌で内視鏡治療を行う場合 75 8.4 9.20 1.3% 71.7
060050xx97x0xx 肝細胞癌などで血管塞栓療法などを行う場合 68 12.4 11.98 1.5% 74.0
 消化器科で最も多いのは、胆嚢から胆管へ出てしまった胆石や胆管の閉塞に対する内視鏡的治療であり、内視鏡的に胆石を取り除いたり、狭くなった胆管を広げて胆汁の流れをよくします。次に多いのは胃癌の内視鏡治療であり、内視鏡で癌を観察しながら電気メスを使って癌をはぎ取る治療です。3番目は、肝・肝内胆管の悪性治療に対する内科的治療であり、針を刺して熱やアルコールでの療法やカテーテルから肝動脈に抗がん剤を投与します。
 
 (注)この集計にはDPC包括制度対象外の一部の新規抗がん剤の治療や短期入院での手術は含まれていませんので、実際の入院患者数より少ない数値となっています。消化器内科で最も多いのは、大腸ポリープを切除(ポリペクトミー)する内視鏡治療ですが、DPC包括制度対象外の治療ですので集計結果には含まれていません。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症・無症候性心筋虚血などでの心臓カテーテル検査 291 3.0 3.07 0.3% 69.8
050050xx0200xx 狭心症・無症候性心筋虚血などで冠動脈ステント療法・冠動脈形成手術などを行う場合 202 4.7 4.87 1.5% 69.7
050070xx01x0xx 心房細動・心房粗動・発作性上室性頻拍などでカテーテルアブレーション治療を行う場合 97 4.9 5.68 0.0% 60.8
 狭心症や弁膜症などの心臓病に対して心臓カテーテル検査を行う場合、通常3日程度の入院を必要とします。しかし狭心症や心筋梗塞に対する冠動脈ステント留置術というカテーテル手術を行う場合は、3〜6日程度の入院が必要です。
 脈の速くなる不整脈に対して行うカテーテルアブレーションもカテーテル手術の一つですが、4〜5日程度の入院が必要です。
カテーテル手術は術後の回復が早いため、退院翌日から通常生活が可能となります。
リウマチ科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070470xx02x2xx 関節リウマチ等での人工関節手術・関節形成手術などを行う場合 31 23.4 27.49 32.3% 67.5
070470xx97x0xx 関節リウマチなどでの術前検査・自己血貯血を行う場合 15 3.9 15.30 0.0% 65.5
180040xx97x0xx 人工関節もしくは骨固定材料のゆるみや感染などでの手術を行う場合 13 14.7 16.51 0.0% 56.3
 もとの関節を残した治療でよくならない場合に人工関節を入れる手術を人工置換術といいいます。関節リウマチの関節の手術ではこの人工関節や、もとの関節を残したまま行う関節形成術などを、関節の部位や関節の変形の程度などを考慮して行います。このような手術では術前に自己血貯血を行うことがあり、術前検査も含めて入院でおこなっています。また、人工関節などを長期間使用した場合に緩みや感染が起こることがあり、手術で治療することもあります。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 新生児高ビリルビン血症や低血糖などでの治療(出生時体重が2500g以上) 31 4.3 6.17 6.5% 0.0
140010x299x2xx 低出生体重児などのパリビズマブ治療 20 25.9 27.54 0.0% 0.0
040080x1xxx0xx 小児の気管支炎や肺炎の治療 13 5.5 5.72 0.0% 4.1
 当院は福岡県の地域周産期センターに指定されており、早産や病気の赤ちゃん(新生児)の治療を行っています。すなわち、4階東病棟のNICU(新生児集中治療室)やGCU(新生児治療回復室)において、(1)高ビリルビン血症(新生児黄疸は生理的ですが、高値になると病的黄疸として治療が必要です)や低血糖(糖尿病のお母さんから出生した赤ちゃん等)あるいは出生後に呼吸障害があるお子さんの治療、(2)出生体重2500g未満の低出生体重児のお子さんの治療、を小児科医と看護スタッフが協力して行っています。8階西小児センターでは、小児の一般的な疾患、例えば気管支炎や肺炎の治療を小児科チームとして行っています。
肝胆膵外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx99x30x 肝細胞癌・転移性肝癌での抗がん剤治療 174 5.4 11.08 0.6% 66.1
060050xx0300xx 肝細胞癌・転移性肝癌でのマイクロ波凝固壊死療法 109 11.8 9.02 1.8% 69.5
060050xx97x0xx 肝細胞癌・転移性肝癌などでの肝動脈塞栓手術もしくはその他の手術 97 9.0 11.98 7.2% 74.0
 肝臓がんの治療として肝切除術が第一選択肢となるべきですが、肝機能が不良なため、あるいは個数が多いためにすべてを切除出来ない方もおられます。そういった方に、当院では癌の部分のみを焼き切る治療「マイクロ波凝固壊死療法」を積極的に施行しています。
 また、それも不可能な多発肝がんの方にはカテーテルを用いて肝臓がんに抗がん剤を送り込んだあと、栄養血管を詰めて兵糧攻めにする「肝動脈塞栓術」や、カテーテルを体内に埋め込んで長期に少量ずつ抗がん剤を送り込む「肝動注療法」を行っています。
消化管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx0100xx 結腸癌・盲腸癌等で悪性腫瘍切除術(腹腔鏡手術を含む)などの手術を行う場合 76 17.3 17.41 2.6% 68.6
060040xx02x00x 直腸癌で直腸切除・切断術等の手術を行う場合(腹腔鏡下手術を含む) 50 18.1 18.36 6.0% 66.6
060010xx99x40x 食道癌の抗がん剤治療 46 8.2 9.95 0.0% 66.2
 消化管外科では食道、胃、大腸の悪性疾患を中心に診療しており、手術の多くは低侵襲手術である内視鏡手術で行っています。早期癌では全例に、進行癌に対しても適応を検討して積極的に行っており、内視鏡手術の割合は85%を越えています。中でも大腸癌の数は増加しており、直腸癌に対しては肛門温存手術に力をいれています。
 また当科では消化管癌に対する化学療法も積極的に行っており、先進医療などの最先端治療も行っています。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx99x40x 乳癌の抗がん剤治療(エビルビジン治療など) 96 3.0 4.66 0.0% 54.5
090010xx03x0xx 乳癌で部分切除手術を行う場合 55 6.4 6.79 0.0% 62.9
090010xx97x0xx 乳癌疑いなどでマンモトーム生検などを行う場合 43 2.8 6.60 0.0% 56.7
 乳腺外科では乳がんの診断、手術、薬物による治療を行っております。0期を除く、ほとんどの乳がんにおいて手術だけで治療が終わることはなく薬物療法が必要になります。
 手術はがんの部位や広がりによって、手術方法(乳房温存術、乳房全摘、乳房再建など)を検討いたします。
抗がん剤治療は手術前に行うもの、再発予防のために手術後に行うもの、再発治療のためのものとがあり、いずれも外来でも可能ですが、必要な場合は短期入院で行っております。
 当院では自施設のみで放射線治療、乳房再建なども含めた様々な治療が可能です。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
07040xxx01xx0x 変形性股関節症もしくは大腿骨骨頭壊死症で人工関節手術・人工骨頭手術を行う場合 80 23.8 24.95 23.8% 67.5
070230xx01xxxx 変形性膝関節症で人工膝関節手術を行う場合 76 23.5 27.21 43.4% 74.8
070343xx97x0xx 腰部脊柱管狭窄症で椎弓切除手術(多椎間手術を含む)を行う場合 75 23.1 18.44 29.3% 73.4
 股関節や膝関節の軟骨の厚さが薄くなったり、進行すると軟骨が無くなったりすることがあり、「変形性関節症」といいます。股関節であれば脚の付け根の痛みをおこしたり、膝関節であれば膝の痛みや水がたまるといった症状を起こします。内服、関節注射、リハビリなどで治らない場合に人工関節手術を行うことがあります。
 脊柱管は背骨、椎間板、関節、黄色靱帯などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルです。「脊柱管狭窄症」では加齢、労働、病気などで脊柱管が狭くなって(狭窄)、それによって神経が圧迫され、神経の血流が低下して、ふとももや膝から下にしびれや痛みがでて歩きづらくなったりします。リハビリ、神経ブロック、内服治療などで治らない場合に手術を行います。他の医療機関では受け入れていない広範囲の狭窄や合併症をお持ちの方の手術を行っており、入院期間が長くなることもあります。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 慢性硬膜下血腫で穿孔洗浄手術を行う場 36 10.2 10.02 22.2% 79.2
010070xx99020x もやもや病や内頚動脈狭窄症などでの検査 31 3.1 5.67 0.0% 54.2
010030xx01x00x 未破裂動脈瘤で脳動脈頸部クリッピング手術を行う場合 28 14.2 16.15 0.0% 61.7
 慢性硬膜下血腫は、頭部打撲後1~2ヶ月程の経過で脳の表面に貯まった古い血液です。これにより脳が圧迫されることにより頭痛や麻痺などの症状を生じることがあり、局所麻酔の手術で血を取り除くと症状が劇的に改善します。もやもや病は脳内の血管が進行性に細くなる原因不明の病気で、内頚動脈狭窄症は動脈硬化などによって頚動脈が狭くなる病気です。どちらも脳梗塞の原因になります。
 成人発症のもやもや病では脳出血を起こすこともあります。脳動脈瘤は破裂するとくも膜下出血を起こすため、年齢や動脈瘤の大きさによっては、見つかった段階で手術を行うことがあります。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺癌・転移性肺腫瘍で切除手術(胸腔鏡手術を含む)を行うもの 149 10.0 13.03 7.4% 68.1
040040xx99100x 肺癌などで気管支鏡検査などを行うもの 53 3.0 3.29 1.0% 67.6
040040xx9904xx 肺癌などでの抗がん剤治療 49 10.7 13.38 0.0% 66.4
 当科では胸部(気管支、肺、胸壁、縦隔)にできた良性・悪性疾患に対する外科治療と、疾患に関連する検査や薬物治療を行っています。多くの手術を行っており、経験豊富なスタッフで専門性の高い診療を行っています。手術は90%を内視鏡手術(胸腔鏡)で行っており、患者さんの早期回復、早期社会復帰に貢献しています。また、当院を退院後は地域の病院、かかりつけ病院との連携によって切れ目のない診療を心掛けています。
心臓外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症で弁置換手術などを行いさらに人工呼吸器など併用する場合 38 28.3 25.69 26.3% 67.7
050080xx0100xx 弁膜症で弁置換手術などを行いさらに人工呼吸器などを併用しない場合 16 25.1 21.35 18.8% 64.3
050163xx01x1xx 腹部大動脈瘤などで大動脈瘤切除手術などを行う場合 16 31.1 32.27 50.0% 67.7
 成人の弁膜症(弁形成や人工弁置換)、冠動脈(バイパス手術)、大動脈(人工血管置換やステント)、また複雑な複合手術も多数行っています。手術当日に人工呼吸器を外すことが出来る症例も多数あります。高齢化(75歳以上が6割以上)していますので、詳細な術前検査を行い(平均在院日数がやや長い主な理由)、術後合併症の少ない、適切な手術治療を目指しています。緊急手術も日夜を問わず行っています。
血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x0xx 腹部・腸骨大動脈瘤などでステントウグラフト手術を行う場合 46 12.1 13.19 6.5% 77.2
050170xx03000x 閉塞性動脈硬化症などで血管形成手術を行うもの 42 4.4 5.99 0.0% 73.3
050163xx02x0xx 腹部・腸骨大動脈瘤などで大動脈瘤切除手術(血管グラフト手術を含む)などを行う場合 24 12.9 18.04 4.2% 65.5
 腹部大動脈瘤とは:動脈の壁が脆くなり、動脈が拡張する病気が動脈瘤です。大動脈瘤の多くは、腹部大動脈に生じます。動脈瘤が大きくなると、破裂を来す危険性が高くなり、破裂を来すと致命的です。破裂の危険性が高い患者さんは、手術の対象になります。
 閉塞性動脈硬化症(末梢動脈疾患)について:動脈硬化により動脈が詰まり、下肢の血行障害(虚血)を来す病気です。症状が軽い場合は、手術の必要はありませんが、安静時にも痛みがある場合や潰瘍や壊死を伴う場合は、肢切断に至る可能性があり、手術の対象です。歩行時に痛み(跛行症状)を自覚する場合は、肢切断に至る危険性はなく、日常生活に支障がある場合のみ、手術の対象となります。
 
※短期入院手術のため今回の集計の対象外ですが、下肢静脈瘤の手術も多く行っています。
 下肢静脈瘤とは:下肢の体表面を走行する静脈の逆流防止弁が働かなくことにより、静脈血の逆流(うっ血)を来す病気です。突然死の危険性があるエコノミー症候群とは異なる病気であり、命や下肢に重大な事態を引き起こすことはありません。うっ血の症状が高度な患者さんは、手術の対象になります。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹の治療 31 8.7 8.97 0.0% 67.1
080007xx010xxx 色素性母斑・脂肪腫・粉瘤などで摘出手術を行う場合 15 2.2 4.38 0.0% 37.6
080140xxxxx2xx 尋常性乾癬などでインフリキシマブ治療を行う場合 11 2.0 3.08 0.0% 59.8
 外来では皮膚科で扱われるほぼすべての疾患の診療を行なっていますが、一部入院の必要な治療があります。
 神経痛などを伴う帯状疱疹では適切な抗ウイルス療法を行うため1週ほどの入院治療を行っています。色素性母斑、脂肪腫や粉瘤などの良性腫瘍を取り除く手術では入院での治療となることもあります。尋常性乾癬などで通常の治療に効果が得られない場合、新規の薬剤であるインフリキシマブの点滴治療を行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱癌で経尿道的な膀胱腫瘍切除手術を行う場合 145 5.8 7.59 0.0% 72.6
110080xx01x0xx 前立腺癌で前立腺全摘手術を行う場合(ロボット支援手術を含む) 54 12.2 14.03 0.0% 66.7
110070xx99x20x 膀胱癌での抗がん剤治療 53 5.7 12.36 0.0% 67.7
  「経尿道的な膀胱腫瘍切除手術」とは、膀胱癌の患者さんに対する、尿道から内視鏡を挿入して、腫瘍を切り取る手術です。通常、5日間の入院期間で、術後3日で退院可能ですが、心臓や血管の疾患のある方では、入院期間が延長されます。
  「前立腺全摘手術」とは、前立腺癌の患者さんに対する、前立腺を摘出する手術です。現在、ほとんどの手術は、ロボット(術者が操作)による内視鏡手術で行っております。通常、入院期間は11日間ですが、体への負担が開腹手術より軽いため、希望により早期の退院も可能です。
  「膀胱癌での抗がん剤治療」は、進行した膀胱癌の患者さんに対する薬物療法(抗腫瘍剤)です。 通常、入院2日目と3日目に抗腫瘍剤を投与し、5、6日目に体調を確認して退院です。その後は、外来通院にて治療を行います。また、当院では、病状により、膀胱の温存を期待して、抗腫瘍剤の動脈内投与(通常は、静脈内投与)も行っております。
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 帝王切開の既往や骨盤位などで帝王切開手術などを行う場合 78 9.2 9.94 0.0% 33.9
120260xx01xxxx 胎児機能不全や分娩停止などで帝王切開手術などを行う場合 36 9.3 9.63 0.0% 33.9
120170xx99x0xx 切迫早産や多胎妊娠などで帝王切開手術を行う場合 32 20.9 20.87 28.6% 30.2
 当院は地域周産期母子医療センターです。一般の妊娠・分娩も扱いますが、他の施設では合併症のため診療が困難な妊婦や、新生児に対する医療が必要と予想される妊婦・胎児をより多く取り扱っています。そのため、帝王切開など産科手術を他施設よりも多く取り扱っています。
 早産予防のための安静入院が多い事も特徴です。切迫早産は治療が上手く行けばそれだけ入院期間も長くなるという、逆説的な側面があります。当院では他施設からの搬送を受け入れ、分娩までの診療を行う役目を担っており、在院日数が長くなる傾向があります。また、NICUの空きがない場合は、他の周産期診療施設への搬送を行うことがあり、転院率が高めになっています。
(なお、「正常分娩」も数多く取り扱っていますが、DPCコードに分類されないため病院指標にはあらわれません。)
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮体癌・子宮頚癌・子宮肉腫などでの抗がん剤治療 124 5.1 5.33 0.0% 61.5
120010xx99x50x 卵巣癌の抗がん剤治療 59 5.2 5.17 0.0% 63.3
12002xxx02x0xx 子宮頸部異形性もしくは上皮内癌などで円錐切除手術などをおこなう場合 36 12.1 3.39 0.0% 57.8
 当院では婦人科悪性腫瘍の専門的な治療をおこなっており、手術はもちろん化学療法(抗がん剤治療)や放射線治療にも力を入れています。件数1位は子宮頸癌、子宮体癌、子宮肉腫など、件数2位は卵巣癌、卵管癌などに対する化学療法です。当院は他診療科も高度の専門性を持っており、他科との連携を重視しています。このため他科合併症を持った婦人科の患者さんを多く治療しています。またより高い治療効果を期待して抗がん剤の投与量を多めに設定したりあるいはより高齢の患者さんにも治療を試みており、通常よりも体調や治療の副作用をより慎重に評価する必要があるため入院期間がやや長めになっています。
 件数3位は子宮頸部異形成、上皮内癌、初期の子宮頸癌に対する子宮頸部円錐切除術などです。進行した子宮頸癌に限らず前癌病変も積極的に治療しています。

 (注)この集計ではDPC包括制度対象外の一部の新規抗がん剤などの治療での入院は含まれていませんので、実際の入院患者数より少ない数値となっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑などで手術を行う場合 24 8.5 7.99 0.0% 64.9
020160xx97xxx0 網膜剥離などで手術を片眼に行うもの 20 11.1 11.08 0.0% 56.3
020180xx97x0x0 糖尿病性網膜症などで手術を行うもの 13 8.8 8.62 0.0% 63.3
 黄斑前膜、黄斑円孔などの黄斑疾患に対しては、硝子体手術により網膜前膜を剥離、除去する際にはブリリアントブルーGなどの手術補助剤を併用することで、黄斑前膜の再発防止、黄斑円孔の確実な閉鎖を心がけています。
 裂孔原性網膜剥離に対し、症例により硝子体手術あるいは強膜内陥術を適宜選択しています。
 増殖糖尿病網膜症に対し硝子体手術を行っています。症例によっては術前に抗VEGF薬の前処置を行うことがあります。術中はケナコルトやブリリアントブルーGなどの手術補助剤を併用することで、増殖膜を確実に剥離することを心がけています。
 
 (注)この集計にはDPC包括制度対象外である一部の短期入院手術は含まれていませんので、実際の入院患者数より少ない数値となっています。眼科で最も多いのは、白内障手術は入院ですが、DPC包括制度対象外なので集計結果には含まれていません。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 慢性扁桃炎などの治療(口蓋扁桃摘出手術など) 18 8.0 8.20 0.0% 32.8
030150xx97xxxx 唾液腺・副鼻腔・咽頭・喉頭の腫瘍で摘出手術などの手術を行うのもの - - 7.94 - -
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎の診断・治療(手術の場合を含む) - 7.76 - -
 2016年9月から耳鼻咽喉科診療は3人体制となりました。今回の集計値は医師1人体制でのもので患者数の少ない時期のものです。
  
 耳鼻咽喉科一般診療とともに頭頸部疾患の治療に力を入れています。耳鼻咽喉科では耳、鼻、口、のど、頸部の病気を取り扱います。この領域は聴覚、嗅覚、味覚、そしゃく、嚥下などのQOL(生活の質)にかかわる多くの重要な機能と関わっています。当科ではこれらの感覚や機能を重視しながら患者さんのQOLの向上を目指しています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx めまい症などの検査・治療 14 3.2 5.31 7.1% 73.1
180010x0xxx2xx 敗血症などで中心静脈注射などの治療法を使用したもの 11 30.8 36.88 54.5% 75.5
110310xx99xxxx 尿路感染症もしくは腎盂腎炎の検査・治療 11 10.7 12.60 18.2% 78.8
 「めまい症」の多くは耳の奥にある前庭機能(平衡感覚)の障害ですが、しばしば脳卒中が原因の「めまい」があります。「めまい」を症状とする脳卒中は、小脳や脳幹付近に病変があり専門的治療を要します。当院は、多くの脳卒中を取り扱う専門病院であり、重症の「めまい」を見逃さないよう広く受け入れています。診察の結果、専門的治療が必要ない場合は救急部が対応しています。
 「尿路感染症」は頻度の多い疾患で、多くは内科的あるいは泌尿器科的治療で改善します。しかし、高齢者や合併疾患を有する患者さんでは敗血症から重症化することがあり、専門診療科で対応困難と判断された場合は救急部が対応してきました。
 このように各診療科が専門的治療を円滑に行えるよう、救急部は各科と連携しながら安心で適切な診療を行えるよう努力しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 26 15 50 26 197 34 1 7
大腸癌 27 25 79 24 132 47 1 7
乳癌 90 133 30 - 80 62 1 7
肺癌 138 28 119 227 319 107 1 7
肝癌 11 30 34 36 108 318 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 がんのうち患者数の多い上記5つの癌についてがんの進行度であるUICC病期分類という国際分類別に集計したものです。当院は地域がん診療連携拠点病院であり、多数の診療科や地域の医療機関と連携してがんの治療にあたっています。がん診療の内容については関係診療科の指標の指標(2.診断群分類別患者数等、6.診療科別腫瘍手術別患者数等)をご参照ください。
 
 厚労省の指示による集計方法を用いておりますので、「患者数」は計測期間内の退院数となります。複数回入院の場合は入院回数分が集計さています。また、がんの疑いで入院してがんでないと判明したものは「不明」分に集計しています。新規治療法の一部はDPC制度対象外であり、今回の集計対象には含まれていません。このような理由からがん統計の集計値とは異なります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 28 10.4 55.3
重症度 1 31 14.5 76.8
重症度 2 - - -
重症度 3 - - -
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 17 17.8 71.5
 成人市中肺炎とは一般社会生活を送っている人に見られる肺炎で、健康な人がかかることが多い肺炎ですが、御高齢の方や病気を持っている方にも発症することもあります。重症度はこの病気で一般的に用いられているA-DROPスコアを用いています。年齢(Age)、脱水(Dehydration)、呼吸(Respiration)、意識(Orientation)、血圧(Pressure)の5つを点数化して病気の重症度を評価します。
 
※肺炎は病気を持っている方に発症すると重症になりやすい病気です。当院ではがん、糖尿病、膠原病など肺炎を起こすと重症化しやすい患者の治療も行っております。今回の集計では主な病名で患者数を集計するため他の病気を持っている方は、肺炎として集計されないことがあります。このため、実際の「市中肺炎」での入院患者数は集計値より多いものになります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 53 10.0 68.2 5.7%
その他 19 8.3 67.7 5.3%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 395 19.0 72.6 44.3%
その他 76 17.2 71.4 43.4%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 16 18.9 71.0 31.3%
その他 302 5.0 73.7 0.7%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - 72 4.1 64.9 0.0%
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - 73 5.4 47.6 2.8%
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
 一過性脳虚血発作とは麻痺や感覚障害などの脳局所症状が24時間以内に軽快するもので、脳梗塞の前触れ発作として重要な疾患です。脳梗塞は脳を養う血管の閉塞によって脳血流が不足して脳が不可逆的変化を起こす状態で、麻痺や感覚障害など梗塞部位に応じて多彩な症状を呈します。脳を養う動脈が閉塞したり細くなったりしても、側副血行路(バイパス血管)が発達していると脳梗塞を発症しないことがあります。もやもや病は若年者(50歳以下)の脳梗塞や脳出血の原因として重要で、両側内頸動脈の終末部が原因不明で細くなったり詰まったりし、脳底部に細い脆弱な血管(もやもや血管)が形成される疾患です。
 
※当院では地域で発症した脳梗塞の救急患者を多く受け入れています。詳細は脳血管・神経内科の指標(2.診断群分類別患者数等、6.診療科別腫瘍手術別患者数等)をご参照ください。傷病名は統計に用いる国際分類のICD-10の分類名を使用していますので、詳細な病名と異なることがあります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 12 2.2 13.0 16.7% 66.8
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
 大腸癌の標準的化学療法である治療は薬剤を持続注入するために中心静脈ポートを留置する必要があります。留置することによって安全に化学療法を行え、また患者さんは通院で治療を行えるようになります。また摂食不良時には高カロリー輸液の投与経路としても使用し患者さんの療養に役立てています。
 肝門部リンパ節や肝病変、あるいはその他の病変で閉塞性の胆管炎や黄疸を認めた際には、内視鏡下に胆道ステントを留置し、症状改善をはかっています。
代謝内分泌内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2cm未満) 19 6.7 3.0 0.0% 74.1
K2761 網膜光凝固術(通常) - - - - -
K2762 網膜光凝固術(その他特殊) - - - - -
 手術を行う診療科ではありませんが、全身疾患の検査入院中に大腸内視鏡をおこなうことがあり、その際に発見された大腸ポリープを消化器内科にて切除して検査することがあります。また、糖尿病の合併症である糖尿病性網膜症がある場合、病状に応じて光凝固を眼科にて行うことがあります。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9223 造血幹細胞移植(臍帯血移植) 11 19.6 57.5 0.0% 57.5
K9222ロ 造血幹細胞移植(末梢血幹細胞移植)(自家移植) 10 11.6 33.4 0.0% 66.4
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) 10 21.9 4.3 10.0% 63.3
 造血幹細胞移植とは、通常の抗がん剤治療では良くならない血液がんや造血不全症に対して行う治療法です。造血幹細胞はすべての血液細胞を生み出す源の細胞で、これを移植することで大量の抗がん剤が使えるようになったり、免疫細胞の働きで血液がんを根絶することができたりします。自分の幹細胞をあらかじめ採取しておいて移植するのが自家移植で、ドナーさんから提供を受けた幹細胞を使うのが同種移植です。
 自家移植は非ホジキンリンパ腫や多発性骨髄腫の患者さんが主な対象です。
 同種移植は治りにくい血液がんや造血不全症の患者さんに対して行います。近年、移植技術が進歩したことで、比較的高齢の方にも安全に行えるようになってきており、当院の移植件数も年々増加しています。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 55 8.5 19.1 10.9% 70.4
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 11 0.5 2.4 0.0% 74.8
K6146 血管移植術、バイパス移植術 その他の動脈 11 13.0 24.0 9.1% 71.5
 内シャント(K610-3)や人工血管(K614p)は、血液透析を行う際に血液を透析の器械のポンプで体内から血液を取り出すために必要なものです。
 内シャント造設術は、上肢の静脈と動脈にそれぞれ数mm程度の開口部を作成し、静脈と動脈の開口部を細い糸で結び合わせる手術です。それによって動脈の血液の一部が静脈に流入し、上肢の静脈が発達していきます。抜糸まで2週間程度必要です。通常は、上記の内シャントを作成するのですが、内シャントを作成できる血管がない場合は、人工血管を上肢の皮下に植え込み、動脈と静脈の間に人工血管を移植することになります。術後上肢に腫れが出ますが、約2週間程度で無くなってきます。その腫れが消失したことを確認して、その人工血管に針を刺します。また、経皮的シャント拡張術は、シャントの静脈の一部が、細くなったりして、血液を十分に取り出せない状態となったときに、そこをバルーンを用いて拡張するものです。その他、シャントの血流が消失してしまうと、血液の塊(血栓)ができてしまいますので、その血栓を取り除く除去術が必要となることもあります。
脳血管・神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 32 6.9 17.0 21.9% 73.3
K1781 脳血管内手術 1箇所 23 2.2 16.9 8.7% 64.4
K178-4 経皮的脳血栓回収術 18 0.7 28.4 72.2% 78.2
  「経皮的頸動脈ステント留置術」は頚動脈が狭くなって脳梗塞が起こるのを予防するために、狭いところにステントを入れて血管を広げる手術です。局所麻酔で行いますので体への負担が少ない手術法です。「脳血管内手術」は、多くは脳動脈瘤に対する動脈瘤コイル塞栓術を指しています。動脈瘤を頭を開けずに血管の中からコイルを用いて詰める手術です。頭を切りませんので体への負担は少ないです。「経皮的脳血栓回収術」は脳の血管に詰まった血栓をカテーテルで回収する手術です。これにより、今までは後遺症が残った患者さんが、後遺症無く、助かるようになってきています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 173 1.2 1.2 0.0% 66.9
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 157 2.3 12.1 5.1% 74.0
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 99 1.6 7.2 1.0% 71.8
 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術は大腸(結腸)にできたポリープ(良性腫瘍)を細いワイヤーをかけてきりとる治療です。内視鏡的胆道ステント留置術は胆管や膵臓にできた癌により胆管が狭窄や閉塞した場合に、ステントというチューブを入れて広げる治療です。内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術は大腸同様にワイヤーで切り取る治療ですが、早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術は電気メスを使って癌をはぎ取る治療です。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 207 2.5 3.8 2.4% 69.5
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 66 1.5 3.3 0.0% 61.7
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のもの 40 2.0 3.4 2.5% 62.0
 経皮的冠動脈ステント留置術は、狭心症や心筋梗塞の患者に行うカテーテル手術の一つです。病変の重症度により手術のための入院期間は3日から6日程度の幅があります。当科では重症で複雑な手技を要する患者が多く、平均在院日数は5〜6日となっています。
 経皮的カテーテル心筋焼灼術とは、脈の速くなる不整脈(心房細動や発作性頻拍症など)を根治させるためのカテーテル手術です。K5951は心房細動に対する手術で4泊5日、K5952はそれ以外の不整脈に対する手術で3泊4日が標準的な入院日数です。
リウマチ科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 37 1.8 23.5 32.4% 68.6
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 11 3.5 28.2 90.9% 76.2
K0803 関節形成手術 肩鎖、指(手、足) 10 1.2 25.8 10.0% 64.8
 もとの関節を残した治療でよくならない場合に人工関節を入れる手術を人工置換術といいいます。多くは膝や股の関節で行われる手術ですが、肩関節でおなうこともあります。骨折でギプスなどで治らない場合は手術を行うこともあります。骨粗しょう症などで骨の弱い方にも手術方法を選んで行っています。足指の変形を治す方法で関節の一部を削ったりして整える手術が関節形成術です。足指の変形による痛みをとる手術のひとつです。いずれも手術の傷が落ち付いた後に、リハビリが必要な場合には回復期の病院での治療できるよう病院間で連携しています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの 13 0 44.8 7.7% 0.0
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの - - - - -
- - - - - - -
 出生は素晴らしい誕生の瞬間です。しかし、約10%の新生児が吸引や刺激などのサポートを必要とし、約1%の新生児は救命のための蘇生処置を必要とします。「産道は人生で最も短く最も危険な旅路である」といわれる所以です。赤ちゃんは呼吸を開始し、胎児特有の循環から新生児の循環へ劇的に切り替わらなければなりません。この出生に伴う変化がスムーズに行かない場合(新生児仮死)があるのです。当院では、全ての分娩に新生児蘇生法の研修を受け初期対応のできる助産師あるいは医師が立ち会います。NICUに入院が予想される場合は、蘇生のできる小児科医が立ち会います。
肝胆膵外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K697-22 肝悪性腫瘍マイクロ波凝固法(一連として) その他のもの 120 1.8 10.0 2.5% 70.0
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 108 0.3 9.1 3.7% 73.0
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 78 1.6 4.8 3.8% 66.0
 肝臓がんの治療として肝切除術が第一選択肢となるべきですが、肝機能が不良なため、あるいは個数が多いためにすべてを切除出来ない方もおられます。そういった方に、当院では癌の部分のみを焼き切る治療「マイクロ波凝固壊死療法」を積極的に施行しています。
 また、それも不可能な多発肝がんの方には「肝動脈塞栓術」を行っています。これはカテーテルを用いて肝臓がんに抗がん剤を送り込んだあと、栄養血管を詰めて兵糧攻めにする治療です。
 また良性の胆嚢の疾患には、創の小さな「腹腔鏡下胆のう摘出術」を行っています。
消化管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 66 3.2 13.6 4.5% 67.7
K655-22 腹腔鏡下胃切除術 悪性腫瘍手術 42 3.8 16.3 4.8% 68.4
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 40 2.1 4.8 7.5% 70.5
 消化管外科では食道、胃、大腸の悪性疾患を中心に診療していますが、手術は悪性疾患、良性疾患を問わず広く内視鏡手術で行っています。緊急手術を含むすべての手術においてその割合は80%以上です。胃癌、直腸癌に対してはロボット手術も導入しています。確実な技術と豊富な経験を基に、最新の技術、機器を取り入れながら内視鏡外科の指導的立場を確立させています。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 57 1.2 4.5 0.0% 63.6
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 44 1.0 8.8 0.0% 57.2
K474-3 乳腺腫瘍画像ガイド下吸引術(一連につき) 36 0.1 1.2 0.0% 56.4
 乳腺外科での手術は主に診断のために太めの針を用いて組織を採取するマンモトーム生検(1泊入院)や、乳房を部分的に取り除く乳房部分切除術(乳房温存術)、がんが広範囲な場合や部位によっては乳房切除術(乳房全摘)を行います。乳房切除術の場合は乳房再建術も行うことも可能です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 165 1.6 22.5 33.9% 71.9
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓切除 151 4.1 19.4 25.8% 72.8
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方椎体固定 82 4.3 27.0 40.2% 68.6
 関節の軟骨がすり減ったり、関節の骨が変形したりして他の治療で治らない場合は、人工関節置換術を行います。すり減った関節の骨を整えて、余分な骨を切り取り、人工関節を設置します。
 脊髄の神経が通るトンネルが狭くなる脊柱管狭窄症では神経の圧迫をとるため背骨の「椎弓」と呼ばれる部分や靱帯の一部を切除して治療を行いますが、この手術を椎弓切除術といいます。また背骨の「ずれ」や「動き」の程度によっては圧迫をとるための手術に加えて、背骨の一部を固定する手術を行う場合があり、「脊椎固定術」といいます。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 50 0.1 10.2 41.9% 79.3
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 40 2.6 18.8 15.0% 60.7
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 31 6.9 26.1 29.0% 65.9
 慢性硬膜下血腫の穿頭血腫除去術後は数日から1週間ほどで退院できます。脳動脈瘤の治療では脳血管内治療科とディスカッションして、開頭クリッピング術あるいはコイル塞栓術のうち適した方を選択しています。脳腫瘍に対しては最新の手術支援装置を駆使して、最適な手術を行っています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 101 2.4 7.0 8.9% 67.3
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 36 2.1 5.5 10.0% 70.7
K513-4 胸腔鏡下肺縫縮術 20 4.3 3.6 0.0% 34.4
 当科では胸部(気管支、肺、胸壁、縦隔)にできた良性・悪性疾患に対する外科治療と、疾患に関連する検査や薬物治療を行っています。多くの手術を行っており、経験豊富なスタッフで専門性の高い診療を行っています。手術は90%を内視鏡手術(胸腔鏡)で行っており、患者さんの早期回復、早期社会復帰に貢献しています。また、当院を退院後は地域の病院、かかりつけ病院との連携によって切れ目のない診療を心掛けています。
心臓外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術 1弁のもの 44 8.9 26.0 34.1% 68.3
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術 2吻合以上のもの 24 8.0 23.7 62.5% 69.5
K5603ニ 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 、上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術 その他のもの 15 6.3 31.7 40.0% 66.4
 年間150-180例の開心術を6名(心臓血管外科専門医3名)のスタッフです。成人の弁膜症(弁形成や人工弁置換)、冠動脈(バイパス手術)、大動脈(人工血管置換やステント)、また複雑な複合手術も多数行っています。高齢化(75歳以上が6割以上)していますので、詳細な術前検査を行い(平均在院日数がやや長い主な理由)、術後合併症の少ない、適切な手術治療を目指しています。緊急手術も日夜を問わず行っています。
血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 74 1.4 13.5 6.8% 73.9
K6171 下肢静脈瘤手術 抜去切除術 47 1.3 2.9 0.0% 68.8
K5612 ステントグラフト内挿術 腹部大動脈 41 4.2 10.3 12.2% 76.7
 1)閉塞性動脈硬化症の治療:カテーテル(風船やステント)を用いた治療(血管拡張術)を優先した治療方針を取っています。カテーテル治療は数日の入院で治療可能ですが、これのみでは治療できない病変もあり、外科手術(バイパスなど)を適宜選択する必要があります。足首付近の細い動脈へのバイパスも積極的に行っています。潰瘍や壊疽の傷に対しては、形成外科とのチーム医療で治療しています。
 2)下肢静脈瘤の治療:静脈血の逆流の原因となる静脈を抜き取る(抜去切除術)か、レーザー等でその静脈を焼き詰まらせる(血管内焼灼術)ことによって、逆流を止める手術を行います。いずれの手術でも、身体への負担は少なく、数日の入院で治療可能です。
 3)腹部大動脈瘤の治療:動脈瘤を人工血管に取り替える(開腹人工血管置換術)か、カテーテルでステント付き人工血管を動脈瘤の中に入れ込む(ステントグラフト内挿術)ことにより治療を行います。ステントグラフト内挿術は身体に負担の少ない手術ですが、これが不適当な場合は人工血管置換術を選択しますが、いずれの手術でも入院は2週間程度です。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 17 1.0 1.0 0.0% 4.5
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 16 1.0 1.0 0.0% 5.3
K8351 陰嚢水腫手術 交通性陰嚢水腫手術 - - - - -
 小児外科の疾患で最も多いのは、鼠径ヘルニアです。小児の約5%にみられると言われています。当科では従来法による手術と腹腔鏡による手術を行っています。腹腔鏡による手術は、手術創がほとんど目立たず、美容的に優れています。当科では主に女児にこの方法で手術を行っています。男児の手術は従来法が主体ですが、男児は精管と精巣動静脈を剥離する必要があるため、直視下に安全に行なえる方法でやっています。
 従来法の手術創も鼠径部の横切開1.5cmで行っていますので、目立ちにくい手術創になっています。入院期間はどちらも2泊3日です。手術の前日に入院していただき、体調を整え、全身麻酔で手術を行い、術後1日観察して退院していただいています。
 陰嚢水腫は鼠径ヘルニアに準じた方法で入院治療を行っています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 17 0.3 9.6 5.9% 80.2
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル未満 11 0.0 1.5 0.0% 40.3
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径6センチメートル以上 - - - - -
 外来では皮膚科で扱われるほぼすべての疾患の診療を行なっていますが、一部入院の必要な手術があります。皮膚悪性腫瘍切除術は基底細胞癌、有棘細胞癌などの皮膚悪性腫瘍を取り除く手術で、皮膚、皮下腫瘍摘出術は色素性母斑、脂肪腫や粉瘤などの良性腫瘍を取り除く手術です。

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 128 1.8 3.8 0.8% 72.8
K843 前立腺悪性腫瘍手術 57 1.4 10.8 0.0% 66.8
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 45 0.1 1.3 0.0% 59.8
 1つめ(K8036ロ)は、膀胱癌に対して、尿道から内視鏡を挿入して、腫瘍を切り取る手術です。通常、5日間の入院期間で、術後3日で退院可能ですが、心臓や血管の疾患のある方では、入院期間が延長されます。
 2つめ(K843)は、前立腺癌に対して、癌を前立腺ごと摘出する手術です。現在、ほとんどが、術者が操作するロボットによる内視鏡(腹腔鏡)手術で行っております。出血量も従来の開腹、腹腔鏡手術より少なく安全性が高い手術です。通常、入院期間は11日間ですが、体への負担が開腹手術より軽いため、希望により早期の退院も可能です。
 3つめ(K768)は、尿管結石や腎結石に対して、衝撃波を背中やお腹からあてることで、破砕する治療です。結石が、破砕される確率は70%程度です。1泊2日の入院で行い、入院日午後に治療を行いますが、体への負担は軽いため、翌朝には退院可能です。また、金曜日から土曜日にかけての入院も可能です。
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 91 3.7 7.1 0.0% 34.0
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 74 3.7 6.9 0.0% 34.4
K8983 帝王切開術 前置胎盤を合併する場合又は32週未満の早産の場合 27 9.6 6.9 0.0% 33.8
 当院は地域周産期母子医療センターです。一般の妊娠・分娩も扱いますが、他の施設では合併症のため診療が困難な妊婦や、新生児に対する医療が必要と予想される妊婦・胎児をより多く取り扱っています。そのため、他の産科診療施設に比べると、帝王切開の割合が多くなっています。
(なお、「正常分娩」も数多く取り扱っていますが、保険診療ではありませんので、病院指標にはあらわれません。)
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 90 1.2 1.0 0.0% 40.3
K861 子宮内膜掻爬術 53 1.1 0.4 0.0% 50.5
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 38 1.8 4.6 0.0% 38.3
 当科では婦人科悪性腫瘍の専門的な治療をおこなっていますが、進行癌だけではなく、初期の癌あるいは前癌病変の診断・治療にも力を入れています。また良性疾患に対しては適応をカンファレンスで検討し、腹腔鏡下手術を積極的に行っています。進行癌の手術よりもこうした初期癌~前癌病変、あるいは良性卵巣腫瘍の症例数が多くなっています。
  「子宮頸部(腟部)切除術」は子宮頸部異形成、上皮内癌、初期の子宮頸癌に対する手術です。当科では出血の少ないレーザーを用いた円錐切除術と、病理診断に影響のないメスを用いた円錐切除術を取り入れています。
  「子宮内膜掻爬術」は子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症や子宮体癌の診断、不正性器出血の診断・治療などに対する手術です。
  「子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの」は良性の卵巣嚢腫に対する腹腔鏡下手術です。症例数は増加傾向です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 204 1.1 5.5 0.5% 73.2
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 71 1.3 7.8 0.0% 62.0
K2683 緑内障手術 濾過手術 - - - - -
 白内障手術は入院で行っているため、虚血性心疾患など全身管理が必要な方、足が不自由などで頻繁な外来通院が困難な方が多いです。局所麻酔で行うことが多い白内障手術ですが、認知症など精神疾患などにより局所麻酔では手術が困難な方には全身麻酔で対応しています。
 硝子体手術では黄斑前膜、黄斑円孔などの黄斑疾患に対し、網膜前膜を剥離、除去する際にはブリリアントブルーGなどの手術補助剤を併用することで、黄斑前膜の再発防止、黄斑円孔の確実な閉鎖を心がけています。裂孔原性網膜剥離では急患手術で対応することが可能です。
 緑内障(濾過)手術は眼圧下降効果が高い術式ですが、術後の眼圧管理、感染予防など、術後のケアが特に重要です。入院のメリットを生かし、きめ細やかな術後ケアを行っています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K407-2 軟口蓋形成手術 18 1 6 0.0% 32.8
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -
K3932 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの - - - - -
 2016年9月から耳鼻咽喉科診療は3人体制となりました。今回の集計値は医師1人体制でのもので患者数の少ない時期のものです。
  
 耳鼻咽喉科一般診療とともに頭頸部疾患の治療に力を入れています。耳鼻咽喉科では耳、鼻、口、のど、頸部の病気を取り扱います。この領域は聴覚、嗅覚、味覚、そしゃく、嚥下などのQOL(生活の質)にかかわる多くの重要な機能と関わっています。当科ではこれらの感覚や機能を重視しながら患者さんのQOLの向上を目指しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 22 0.14%
異なる 30 0.19%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 121 0.77%
異なる - -
 当院では症状の重い感染症の治療も行っております「敗血症」、「その他の真菌感染症」などは専門的な治療を要する感染症です。「播種性血管内凝固症候群」は感染症などが原因で起こるもので、集中的な治療を要する病気です。手術などが行われていたり、がんなどのほかの治療が行われていたりする場合は上記の病気があっても集計対象とならない場合がありますので、実際の症例数(入院患者数)の数値はもっと多いものになります。
 「手術・処置等の合併症」には一定の可能性でおこる合併症が多く含まれています。人工血管・ステントの狭窄、人工関節のゆるみ、埋め込み人工物の感染などです。
更新履歴
2016年9月23日
平成27年度の病院指標を公開しました。