国立病院機構 九州医療センター TOP依頼の方向け一般の方向け臨床試験支援センターのご案内
治験/受託研究依頼の方へ
治験の流れ
企業治験・製造販売後臨床試験
医師主導治験
契約関係
SOP
治験審査委員会
治験審査委員会議事要旨
受託研究申請様式
受託研究審査委員会
受託研究算定要綱
治験・受託研究の概要
現在の治験実施状況
一般の方向け
新薬ができるまで
新薬ができるまで
プラセボとは?
治験の主なルール
臨床研究コーディネーター (CRC)とは?
治験Q&A
治験に参加する メリット・デメリット
プライバシー保護
臨床試験支援センターのご案内
臨床試験支援センターの場所
臨床試験支援センターメンバー
倫理審査委員会
  九州医療センター臨床研究センター臨床試験支援センター

治験とは?

治験とは?
 

医薬品は人類共通の財産であり、人々の健康維持に大いに役立っています。
しかし、現在でも治らない病気はたくさんあり、新しい医薬品を待ち望む患者の皆様が数多くいます。新しい医薬品は、実験室での研究、動物実験を経て最終的にはヒトを対象として有効性と安全性が調べられます。
ヒトで有効性と安全性を調べる試験を『臨床試験』といい、その中でも国(厚生労働省)から「くすり」として認可(承認)してもらうために行う試験を『治験』と言います。

製薬企業は、試験された薬を世の中に出す価値があるのかどうか判断して、良い薬であると考えられるならば、これら治験の結果を資料の一部にして、厚生労働省に医薬品の製造・販売承認の申請をします。厚生労働省は専門家で構成された審議会にかけ、医薬品として広く使用して良いかどうか審査します。この結果によって厚生労働省は承認の可否を決定します。そして、新しいお薬の誕生です!


1999年から現在まで多くの患者のみなさまに
治験に参加いただきました。
ありがとうございました。

 

独立行政法人 国立病院機構 九州医療センター
臨床研究センター 臨床試験支援センター

〒810-8563 福岡市中央区地行浜1丁目8番地1号 FAX 092-847-8802
TEL 092-852-0700 
日本医療機能評価機構認定
 
TOP依頼の方向け一般の方向け臨床試験支援センターのご案内