国立病院機構 九州医療センター TOP依頼の方向け一般の方向け臨床試験支援センターのご案内
治験/受託研究依頼の方へ
治験の流れ
企業治験・製造販売後臨床試験
医師主導治験
契約関係
SOP
治験審査委員会
治験審査委員会議事要旨
受託研究申請様式
受託研究審査委員会
受託研究算定要綱
治験・受託研究の概要
現在の治験実施状況
一般の方向け
治験とは?
新薬ができるまで
プラセボとは?
治験の主なルール
臨床研究コーディネーター (CRC)とは?
治験Q&A
治験に参加する メリット・デメリット
プライバシー保護
臨床試験支援センターのご案内
臨床試験支援センターの場所
臨床試験支援センターメンバー
倫理審査委員会
  九州医療センター臨床研究センター臨床試験支援センター

治験で使うプラセボとは?

治験で使うプラセボとは?
 

プラセボとは、有効成分を含まない(治療効果のない)薬のことです。


病気のとき、
「薬を飲んだだけで安心した…」
という経験はありませんか?

有効成分が入っていない薬を飲んでも、薬を飲んだと思うだけで心理的作用が働き、効果を表すということがあります。
これを『プラセボ効果』と言います。
 

治験でプラセボはどのような役割をしているのでしょう?

 
全く効果のない薬(プラセボ)と比較することは、治験薬の有効性を科学的に明らかにするために必要なことです。何を飲んでいるかわかっていると、心理的なものが影響し、正確なデータを取ることが難しくなります。そのため、プラセボを用いた治験に参加している時は薬の成分を含んだ治験薬と、成分を含んでないプラセボは、外見上全く見分けがつかないようになっています。また、誰が薬の成分を含んだ治験薬を服用しているか、誰がプラセボを服用しているか、治験に参加していただいている患者様も、担当している医師も、薬剤師、看護師もわからないようになっています。
 
独立行政法人 国立病院機構 九州医療センター
臨床研究センター 臨床試験支援センター

〒810-8563 福岡市中央区地行浜1丁目8番地1号 FAX 092-847-8802
TEL 092-852-0700 
日本医療機能評価機構認定
 
TOP依頼の方向け一般の方向け臨床試験支援センターのご案内