臨床教育部

ご挨拶

臨床教育研修センターへようこそ

臨床教育研修センター長
山崎 宏司
 九州医療センターは平成6年4月に開院しました。福岡市北部の玄海沿岸に位置し、病棟の窓からは隣接する福岡タワーやドームなどの立ち並ぶ近代建設と、その向こうに悠々と広がる海や島々との美しいコントラストを毎日楽しむことができます。
 当院はほぼ全診療科を網羅する42診療科よりなり、平成16年度に開始された新医師臨床研修制度の発足以来、基幹型臨床研修病院として毎年25〜30名の初期臨床研修医を受け入れています。研修は、『プライマリ・ケアを基本に、総合的診療能力を幅広く身につけ、病む人の立場に立った医療が提供できるよう医師としての人格を涵養する』という理念をもとにカリキュラムを構築しており、医師としての責任と基本的な診療能力の習得を目指しています。最近ではスキルアップラボラトリーセンターを利用した各種シミュレータ実習を取り入れるなど、さらなる研修の充実を図っています。
 また、歯科医師臨床研修、看護職に対する教育・研修も年々充実しており、若い医師やメディカルスタッフの交流研修を通じて、当院の高度総合医療施設としての機能強化と発展を目指しています。さらに、平成30年度から各学会の専門医制度が改革され、当院はこの専門医制度でもすべての分野における基幹病院、関連病院としての役割を担っています。
 九州医療センターでの経験、修練を通して将来の医療をリードする人材に育ってくれることを期待し、すべての皆さんを全力で応援していきます。

NPO法人卒後臨床研修評価機構(JCEP)による認定を受けました

当院は、「NPO法人卒後臨床研修評価機構(JCEP)」が実施している卒後臨床研修評価を受審し、同機構の定める認定基準を達成していることが認められ、2018年2月1日付で認定証が発行されました。
今後も引き続き、臨床研修環境の充実に取り組んでまいります。

研修医評価法

当院は基幹型臨床研修病院として初期臨床研修医の研修を実施しています。
研修医評価のシステムとしてEPOC・EPOC2を採用しています。

オンライン臨床教育評価システム(EPOC2)における個人情報保護・研究倫理について(pdfファイル)