臨床教育部

看護職の教育・研修


平成30年度 看護実践能力開発講座 年間計画

●開催時間:14:00~16:00
●参加申込要領
 参加申込書に必要事項をご記入の上、FAX(092-847-8802)にて施設ごとにお申し込みください。
 参加申込書は、当院ホームページからダウンロードが可能です。
 研修日程をやむを得ず変更する場合は申込責任者宛にその都度ご連絡いたします。
●開催場所:独立行政法人国立病院機構九州医療センター 外来棟3階 講堂
●参加費:1,000円(当日受付にて徴収いたします)

開催日 申込期間 テーマ 概要 対象者
1 平成30年
5月13日(日)
平成30年
4月23日(月)
~5月7日(金)
フィジカルアセスメントの基本 フィジカルアセスメントの基本を、事例をまじえながら当院の診療看護師による講義。 基本的には卒後1~2年目が対象
2 平成30年
6月9日(土)
平成30年
5月21日(月)
~6月4日(月)
感染対策の基本 院内感染防止のための標準予防策、話題の感染症とその対応について当院の感染看護認定看護師による講義・演習。 基本的には卒後1~2年目が対象
3 平成30年
7月14日(土)
平成30年
6月25日(月)
~7月6日(金)
がんサバイバーシップと緩和ケア AYA世代、就労支援、アドバンス・ケア・プランニング等を含めたがんサバイバーシップと緩和ケアにおける考え方や取り組み、支援についてがん看護分野認定看護師による講義。 基本的には卒後3年目以上が対象
4 平成30年
9月8日(土)
平成30年
8月20日(月)
~8月31日(金)
17時まで
DESIGN-R褥瘡経過評価を用いた評価のポイント 重症度、医療・看護必要度評価の創傷処置を評価する際必要な知識としてDESIGN-R褥瘡経過評価があります。正しく評価し、ケアに結び付けることができるよう事例をまじえながら当院の皮膚排泄ケア認定看護師による講義・演習 基本的には卒後1~2年目が対象
5 平成30年
10月13日(土)
平成30年
9月25日(火)
~10月5日(金)
脳卒中患者の生活支援を意識した看護 脳卒中患者の生活を再構築するために必要な援助について事例をまじえながら当院の脳卒中リハビリテーション看護認定看護師による講義。 基本的には卒後3年目以上が対象
6 平成30年
11月17日(土)
平成30年
10月29日(月)
~11月9日(金)
看護につなげる心不全の知識~住み慣れた場所でいきいきと過ごすために~ 心不全の病態と観察ポイントを事例をまじえながらアセスメントしていく。また生活支援を意識した患者指導について慢性心不全看護認定看護師による講義。 基本的には卒後3年目以上が対象
7 平成30年
12月8日(土)
平成30年
11月19日(月)
~11月30日(金)
慢性腎不全及び透析患者の看護 慢性腎不全患者の看護のポイント。透析中の患者の看護を行なう上で必要な知識や生活を見据えた支援の方法について事例をまじえながら当院の透析看護認定看護師による講義。 基本的には卒後3年目以上が対象

看護実践能力開発講座 参加お申し込みについて

参加ご希望の方は、各回の締切日までに所定のフォームに以下の内容について記載し、FAXでお申込みください。

 1.参加希望の回のテーマ、
 2.所属施設名、
 3.参加希望者の職種と氏名、
 4.代表者又は責任者の氏名、
 5.連絡先(FAX番号・TEL番号)

 FAXは所定のフォームがございますので→こちらからダウンロードしてください。
※研修に関するお問い合わせ、申し込みは下記までお願いします。

長田 祐子 (教育担当師長) 
独立行政法人国立病院機構 九州医療センター
〒810-8563 福岡市中央区地行浜1-8-1
Tel 092-852-0700(代)  Fax 092-847-8802