学校の概要

学校の沿革

1947.9 国立筑紫病院の附属甲種看護婦養成所として発足

1948.6 国立筑紫病院附属高等看護学院と改称され設立
1学年定員40名、3年過程と明記される

1963.2 国立福岡南病院附属高等看護学院と名称変更

1964.4 看護学院を新設し移転、国立福岡中央病院附属高等看護学院と名称変更

1994.4 国立福岡中央病院附属福岡看護学校として発足入学定員1学年150名、総定員450名の3年課程の大型看護学校となる

1994.4 第3回生150名入学

1994.4 第1回生・第2回生は、国立福岡中央病院、国立久留米病院、国立病院九州がんセンターの看護学校で各々教育を実施。 1994年より新学校に移転し統合

1994.7 母体施設の国立病院九州医療センターのオープンに伴い、国立病院九州医療センター附属福岡看護学校と名称変更

2000.3 第6回生卒業、卒業生総数811名

2000.4 入学定員150名より80名に変更

2002.4 助産学科を併設、国立病院九州医療センター附属福岡看護助産学校と名称変更

2004.4 独法化に伴い、独立行政法人国立病院機構九州医療センター附属福岡看護助産学校と名称変更

2011.4 助産学科定員30名より20名に変更

2015.4 看護学科は募集停止