看護学科

教育目的・目標

教育目的

看護実践の基礎的能力を身につけ、独立行政法人国立病院機構及び社会に貢献し得る看護師を育成することを目的とする。

教育目標

  1. 人間を身体的・心理的・社会的に統合された独自の存在として理解する能力を養う。
  2. 看護の対象となる人を尊重し、倫理に基づいた看護が実践できる基礎的能力を養う。
  3. 科学的根拠に基づき、対象に応じた看護が実践できる基礎的能力を養う。
  4. 健康の保持・増進、疾病の予防及び健康の回復に関わる看護を、健康の状態やその変化に応じて実践する基礎的能力を養う。
  5. 保健・医療・福祉システムにおける自らの役割及び他職種の役割を理解し、他職種と連携・協働する基礎的能力を養う。
  6. 専門職業人として、自律的に学び続ける基礎的能力を養う。


看護学科カリキュラム

本校では、3年間に以下の単位を履修します。基礎分野では音楽・文学について選択履修科目となっていますが、他の科目はすべて必須履修となっています。
教育を展開するための教育体制として、教員13名は、看護学の専門領域をもち、校内での授業、演習、実習の企画から評価までを担当しています。専門領域に精通した講師陣で授業が行われています。院外講師は九州大学、福岡歯科大学、西南学院大学、福岡大学などから招聘しています。

基礎分野 論理学 情報科学 統計学 教育学 生物学 心理学 人間関係論 社会学
音楽・文学 英語講読 I 英語購読 II 運動生理学 体育実技
専門基礎分野 解剖学 生理学 代謝栄養学 微生物学 薬理学 I 薬理学 II 病理学
病態・治療論 I 病態・治療論 II 病態・治療論 III 病態・治療論 IV
病態・治療論 V 保健医療論 家族関係論 公衆衛生学 社会福祉 関係法規
専門分野 I 基礎看護学 看護学概論 看護研究 基礎看護学方法論 I
基礎看護学方法論 II 基礎看護学方法論 III
基礎看護学方法論 IV 基礎看護学方法論 V
基礎看護学方法論 VI
臨地実習 基礎看護学実習 I 基礎看護学実習 II
専門分野 II 成人看護学 成人看護学概論 成人保健論 成人看護学方法論 I
成人看護学方法論II  成人看護学方法論III  成人看護学方法論 IV
老年看護学 老年看護学概論  老年保健論  老年看護学方法論 I
老年看護学方法論 II
小児看護学 小児看護学概論 小児保健論 小児看護学方法論
母性看護学 母性看護学概論 母性保健論 母性看護学方法論 I
母性看護学方法論 II
精神看護学 精神看護学概論 精神保健論 精神看護学方法論
臨地実習 成人看護学実習 I 成人看護学実習 II 成人看護学実習 III
老年看護学実習 I 老年看護学実習 II 小児看護学実習
母性看護学実習 精神看護学実習
統合分野 在宅看護論 在宅看護概論 在宅看護保健論 在宅看護方法論 I
在宅看護方法論 II
看護の統合と実践 看護管理学 医療安全 災害看護 看護の統合
臨地実習 在宅看護論実習 統合実習


卒業後の資格

  1. 医療専門士の称号
  2. 看護師の国家試験受験資格
  3. 保健師・助産師・養護教諭課程への受験資格
  4. 4年生大学の3年次編入学試験受験資格