助産学科

教育目的・目標

教育目的

助産実践の基礎的能力を身につけ、独立行政法人国立病院機構及び社会に貢献し得る助産師を育成することを目的とする。

教育目標と卒業時の到達目標


1.女性と子ども及び家族を尊重し、倫理に基づいて行動する能力を養う。
  *「女性と子ども及び家族」を以下「対象」と記述する。
(1)多様な価値観・信条や生活背景をもつ対象を尊重することができる。
(2)対象との相互作用を通して信頼関係を形成することができる。
(3)対象のおかれた状況や場に応じた意志決定を支援することができる。

2.女性と子ども及び家族が本質的にもっている能力を最大限に発揮できるように安全・快適な助産ケアを行う能力を養う。
(1)妊産褥婦、新生児の健康診査および科学的根拠に基づいた助産診断・ケアができる。
(2)助産診断に基づいた安全で快適な正常分娩の介助ができる。
(3)妊娠期から産褥期の母子および家族に対して、個別の生活をふまえた健康教育ができる。
(4)周産期にある対象の正常からの逸脱の早期発見と適切な対応ができる。
(5)周産期におけるリスクマネジメントの特徴をふまえ、医療安全体制・整備が理解できる。

3.ライフサイクルにおける女性の健康状態を理解し、性と生殖の健康生活について支援する能力を養う。
(1)女性のライフサイクルにおける性と生殖に関する健康上の課題について理解できる。
(2)ライフサイクルにおける女性の健康的なセクシュアリティの維持・発達への支援ができる。

4.安心して子供を産み育てるために他職種と連携・協働し、個人及び家族にとって必要な地域の社会資源を活用・調整する能力を養う。
(1)助産師の役割や責務を理解し、保健医療チームの一員として責任を自覚し行動できる。
(2)女性と子ども及び家族を取り巻く社会環境をとらえ、他職種との連携・協働および支援について理解できる。
(3)助産業務の管理・助産所の運営の基本及び周産期医療システムについて理解できる。

5.助産師としての専門性を発揮できるよう主体的に研鑽し自律して行動する能力を養う。
(1)実践した助産ケアを振り返り、自己の課題を明確にすることができる。
(2)グループダイナミクスを活用し相互啓発をはかることができる。
(3)論理的思考や批判的分析力の必要性を理解し必要な行動をとることができる。
(4)学習や経験を通して生命観、助産観、職業観を育み、自己の考えを表現することができる。

助産学科カリキュラム

教育を展開するための教育体制として、助産学科は、教育主事1名、教員2名、教務助手2名の計5名が専任教員です。講師は、専任の教員の他に助産学の専門の講師がそろっています。九州医療センター、近隣の大学など専門領域に精通した講師陣により授業が行われています。

基礎助産学 助産学概論 生命倫理 性と生殖の健康科学 乳幼児の健康科学
母子の健康科学 家族の心理・社会学 助産学研究理論 助産学研究演習
助産診断・技術学 周産期の生理 周産期の病態 妊娠期の助産診断・技術学
分娩期の助産診断・技術学I 分娩期の助産診断・技術学II
産褥期・新生児期の助産診断・技術学 健康教育演習I 健康教育演習II
地域母子健康 地域母子保健
助産管理 助産管理
臨地実習 妊娠期の診断とケア実習 分娩期の診断とケア実習I
分娩期の診断とケア実習II 産褥期・新生児期の診断とケア実習
正常逸脱の診断とケア実習 地域母子保健実習 助産管理実習

実習施設

診断とケア実習 :NHO九州医療センター
NHO長崎医療センター
NHO嬉野医療センター
NHO佐賀病院
医療法人社団尚龢会 エンゼル病院
医療法人養真堂 筑紫クリニック
福岡バースクリニック

地域母子保健実習 :福岡市中央区保健福祉センター
福岡市西区保健福祉センター
福岡市博多区保健福祉センター
福岡市城南区保健福祉センター

助産管理実習 :助産院 町のさんばさん
(公)鹿児島県助産師会 鹿児島中央助産院
NHO九州医療センター


修業年限

1年

学生定員

20名

年間スケジュール



卒業後の資格

卒業後は以下の資格が得られます。

●助産師国家試験受験資格
●受胎調節実地指導員の申請資格
●新生児蘇生法講習終了(Bコース)