職員紹介


副学校長 内村美子

看護の道に踏みだそう。

 ナイチンゲールは、「看護は科学であり芸術である。」と述べています。この意味は、それぞれの解釈があると思いますが、私は、科学とは普遍性や法則性、あるいは原理原則を追求していくことであり、芸術とは逆に徹底的に個性を追求していくなかで表現されていくものであると考えています。その両面が看護という働きにはあるということですが、これほど魅力的でまた困難な職業があるでしょうか。
 ここで学ぶ3年間、あるいは1年間というのは人生のごく一瞬かもしれませんが、人生を方向づけていく、重く、また価値ある時間だと思います。
 九州医療センターという最高の教育環境を生かして一緒に学んでいきましょう。看護に興味を持っている方いつでも結構です。一度学校を訪ねていらっしゃいませんか。

助産学科 教育主事 新地裕子  

ひとりひとりを尊重し、状況に応じて助産を工夫できる助産師をめざして、一緒に学んでいきましょう。

看護学科 教育主事 岸田佐智子

看護とは何かを一緒に追求し、看護の魅力を語りあえる学校です。本校は自律した人材の育成を目指しています。ともに成長できるよう学んでいきましょう。

看護学科 教育主事 中西真美子

患者さん、そして、その家族のための最良の看護をめざして、ひとりの看護師として正確な根拠をもった技(わざ)と柔らかな心を身につけることができるように、仲間とともに日々、切磋琢磨していきましょう。

教員数

看護学科教員 10名
助産学科教員 2名