がん診療統括部(Department of Clinical Cancer Care)

ご挨拶

“がん診療統括部”の船出にあたり

 “がん医療の均てん化”。これは2006年に成立した“がん対策基本法”の中で、“がん予防と早期発見の推進”、“研究の推進”とともに基本的施策の重要課題に挙げられている命題です。その中で、専門的な知識および技能を有する医師・その他の医療従事者の育成と、患者の居住する地域に拘わらず適切な医療を受けることができるよう、地域の医療機関の連携体制(病診連携)の整備と強化、がん患者の(居宅)療養生活の質の維持向上、およびがん医療に関する情報収集と提供、がん患者およびその家族に対する相談支援体制の整備、がん登録体制の整備等の必要性を定めています。
がん診療統括部部長 池尻公二

 当院は前身の国立病院時代から独立行政法人に移行した現在まで、当院の特筆すべき特色である、全科を挙げた『科の垣根を越えた組織横断的協力体制』で、ありとあらゆる部位のがんに対し最先端の医療を提供し続けてきたという自負があります。しかし、残念ながらそれは各科が独自の方法で治療や連携を行ってきた事による、極めて局所的な自己満足であることを否定できません。
 この現状を打開して真の意味での“均てん化(均霑化)”を実現し、九州医療センターとして更なるがん診療体制の充実発展を遂げるために、村中院長の肝入りで“がん診療統括部”が立ち上がったのです。

 その旗頭の元、今までの診療体制を見直し、診療部門・研究部門・支援部門とに分割し、その他に、院内がん登録委員会およびがん診療委員会を設置することと致しました。永年消化器癌の診療に携わってきた年長者という事で小生に部長という白羽の矢が立ったと受け止めておりますが、前述のように、各科が常に最先端のがん診療を行い、かつ全く横の垣根がないという古くからの良き伝統のお陰で、その任務はいわゆる“旗振り”程度で十分に事足りるものと考えております。
 しかし連携は院内だけで完結するものではありません。実際には地域の先生方、がん診療に携わる多くの医療・福祉関係者の皆さんの協力無くしては、この統括部の運営もままならないと思っております。

 どうか主旨を御理解の上、今後とも御指導御協力の程よろしくお願い申し上げます。 

平成23年9月