がん診療統括部(Department of Clinical Cancer Care)

がん診療連携拠点病院について

がん診療統括部 部長 池尻公二

当院は、平成20年2月に厚生労働大臣より「がん診療連携拠点病院」の指定を受けました。がん診療連携拠点病院とはどこでも質の高い癌医療をうけることができる均てん化を目的として、二次医療圏での中心的施設として国が指定する医療機関です。
同時に多数の診療科との連携ならびに社会的、精神的サポート、情報発信、研修・教育・啓蒙活動の企画運営を行う組織としてがん連携部をたちあげました。緻密で切れ目のない、適切で納得の癌医療を提供していきたいとおもっています。

がん診療連携拠点病院の役割

*多様なニーズに対応可能な高度かつきめ細かながん診療サービスの提供
情報公開、情報発信、研修などによる地域の癌診療の均てん化への貢献
*地域の医療資源を効率的に働かせるネットワークの構築
 

PDCAサイクルの確保に関する取り組み

当院は、がん診療連携拠点病院として、自施設の診療機能や診療実績、地域連携に関する実績や活動状況の他、がん患者の療養生活の質について把握・評価し、課題認識を院内の関係者で共有した上で、組織的な改善策を講じています。

取り組み状況

*平成30年2月6日 緩和ケア提供体制について、当院・九州がんセンター・福岡東医療センターの3施設間で
          ピアレビューを実施し、相互評価を行いました。