がん診療統括部(Department of Clinical Cancer Care)

AYA世代のがん情報

AYA(思春期・若年成人)世代がんへの取り組みについて

1.AYA世代とは

様々な定義はありますが、15歳から39歳までの思春期・若年成人世代をAYA(Adolescent and Young Adult)世代といいます。

2.AYA世代のがんについての現状

AYA世代に発症するがんについては、他の世代に比べて患者数が少なく、疾患構成が多様です。
小児と成人領域の狭間で患者が適切な治療を受けられないおそれがあります。

3.AYA世代のがん患者の特徴

AYA世代は、年代によって、就学、就労、生殖機能等の状況が異なり、患者視点での教育、就労、生殖機能の温存等を考慮にいれる必要がある特徴があります。

4.九州医療センターの取り組みとして

【妊孕性(にんようせい)の温存・生殖サポート】
がんの治療が開始されると、妊孕性が失われる可能性があります。
当院では症例に応じて多様な対応をしております。

【就学・就労支援】
がん相談支援センターでは、就学・就労に関するご相談を受け賜っております。
※就労に関する支援は、就職先の紹介ではございません。

5.お問い合わせ先

がん相談支援センター
【相談時間】
土日・祝日・年末年始を除く、9:00~16:00
092−836−5008(相談員直通)

6.AYA世代の部位別がん患者件数