がん診療統括部(Department of Clinical Cancer Care)

当院のがん連携体制とがん連携部

がん診療統括部 組織図および委員会


がん連携部の役割

がん診療にかかる縦横の連携情報の集約化
全体の方向性の決定と調整

実務部門:登録、統計処理
     広報、情報発信
     患者サービス・相談・サポート・セカンドオピニオン
     教育・研修
     病診連携

相談支援・連携

●セカンドオピニオン
●地域連携パス
  ◆5大がん(胃・大腸・肝臓・肺・乳がん)
  ◆前立腺がん
●4疾病に関するアンケート調査
●緩和ケアネットワーク

当院のがん診療の特徴

●最高水準のスタッフの配置
徹底したチーム医療体制
●充実したインフラ整備 ●多彩な治療手技
重症身体合併症を有する担がん患者に対するサポート体制
   循環器、脳、代謝、腎、血管、精神など
充実した組織横断的支援体制ならびに相談体制
   がん診療連携部
   NST,緩和ケアーチーム、セカンドオピニオンを含めた
   各種相談室(がん相談支援センター、地域医療連携室、等)
研究、教育、研修体制の充実
   臨床研究センター、臨床研修センター、臨床教育部、
   内視鏡教育センター・スキルアップラボ、臨床試験支援室
情報発信;院外HP;広報誌、各種講演会、癌登録委員会

診療部門

徹底したチーム医療センター体制

 肝臓センター       :肝癌、胆道癌、膵癌など
 消化器センター      :胃癌、大腸癌など
 呼吸器センター      :肺癌、悪性中皮腫、縦郭腫瘍など
 乳腺センター       :乳癌
 前立腺癌総合治療センター :前立腺癌に対する各種治療
 血液造血器センター    :白血病、悪性リンパ腫など
 精神身体合併部門
 外来治療センター     :外来化学療法