がん診療統括部(Department of Clinical Cancer Care)

がん相談支援センター

ご相談を希望される方はこちらをご覧ください。

がん相談支援センターは、大きく分けて以下の3点をその業務の目的に掲げています。



(1)がん相談
(2)セカンドオピニオン外来
(3)がん情報の発信

さらに当院の対応の特徴として、医師のみではなく、看護、薬剤師、放射線技師、臨床検査技師等のコメディカル部門、医療、福祉関連の専門スタッフを配置し、充実した体制をとっております。
したがって、併発する疾患を初めとした直接的ながんの診断治療に関するご相談以外にも、薬剤や看護、検査方法から保険制度等まで、広範囲のご相談にお応えできると自負しております。

1)がん相談について

(1)がん患者さんやご家族のみなさまの、不安や悩みについてのご質問やご相談をお受けしております。
がん相談支援センターの相談担当者(看護師など)が、相談をお受けいたします。

相談は、電話による相談と、直接来院されての相談をお受けしております。直接来院されてのご相談の場合には、お時間をお取りできるように、事前のご連絡をお願いしております。

(2)当院受診中(入院を含む)の患者の皆様からのがん相談への対応について
・現在の診断や治療法に関するご相談
診療中の場合は、原則として診療中に主治医に直接ご相談していただくことが望ましいと考えておりますが、外来診療中で十分な時間がとれない等とお感じになっている場合等、ご遠慮なくご相談ください。
必要に応じて主治医や看護師等をまじえてご相談の解決に当たっていきます。
また、最新のがん診療等についての情報提供を行っていますので、今後の診療の方針等の選択のお手伝いが出来ればと考えております。

・医療費問題など社会保障等についてのご相談
がん診療に関わらず、医療費や健康保険等、社会保障制度全般のご相談をお受けしております。専門の医療福祉相談員、医療事務担当職員等が対応いたします。

・在宅医療の問題、地域のかかりつけ医療機関等に関する情報提供
当院は、国の指定をうけた「地域医療支援病院」となっております。そのため、日常の診療は地域のかかりつけ医療機関(かかりつけ医)をお選びいただき、当院との強力な連携体制の元に継続的な診療を行う必要があります。そのための地域医療機関についての情報提供、地域医療機関との連携のコーディネート等を、主治医を含めた専門の医師、看護師、医療福祉相談員等が対応しております。

2)セカンドオピニオン外来について

詳細はこちらをご覧ください。

3)がん情報の発信について

現在、当院においては、地域の医療機関の医師を含む職員の方々に対して、がん診療に関する研修会等を実施しており、多くの方々のご参加を得ております。さらに患者の皆様やご家族に対しては、随時、健康教室として、がん診療を取り上げてきました。
今般、さらなる情報発信を目的として、がん相談支援センターとして、がん診療にかかる情報提供を積極的に行っていきます。
最新のがん診療にかかるパンフレット等資料の提供、がん診療にかかる当院の診療実績に関する情報提供、当院の診療体制にかかる情報提供等を行っています。