病理診断科

病理・細胞診部門

病理検査室とは病変がどんな細胞から成り立っているかを検査し、疾患の最終診断を行う部門です。治療方針決定のための情報提供や治療効果判定にも重要な役割をもちます。手術中には迅速検査を行い、診断の最終確認や切除範囲が適切かの判断をします。また、近年急速に増加している癌遺伝子診断への検体提供も行っています。病理検査にはおおきく分けて組織検査、細胞検査、病理解剖の3分野に分けられます。

組織検査

組織検査とは病変の一部を採って、その病変部がどんな細胞から構成されているかを検査、診断する部門です。 患者の皆様から採取された材料は、ホルマリンという特殊な液から最後はパラフィンというロウに埋められて固められます。固められた材料を厚さ2〜3ミクロン(1ミクロンは1000分の1ミリ)程度に切ります。切られた材料に染色(色つけ)を行い、核や細胞質の状態を顕微鏡で観察、診断します。 診断された結果、より広く大きく切除する必要があれば、外科的に手術となります。 病理検査室では、生検等の小さい材料から胃などの大きな手術材料などを含め、たくさんの材料を対象に、年間に組織検査8000件、術中迅速検査280件ほど行っています。炎症の程度や、特徴的な細胞の有無、良・悪性等を診断するには経験が必要です。当センターでは、経験豊富で、専門医の資格を持った病理専任医師3人、レジデント医師1人で診断を行っています。 診断にはたくさんの情報が必要で、各診療科との検討会(カンファランス)を頻繁に行い的確な診断に努めています。

細胞検査

細胞検査とは病変の一部を綿棒などで擦過し、スライドガラスに塗り付け特殊な染色を施した後、その病変がどんな細胞から構成されているかを診断する部門です。組織検査との違いを石垣に例えれば、組織検査は石垣全部をみて診断するのに対し、細胞診は石垣を作っている、一つ一つの石がどんな形(細胞)でできているかを見て診断するような違いがあります。 また患者の皆様に苦痛を与えず、検査できるのも特徴です。尿の検査、喀痰検査などがその例です。婦人科での癌検診や乳癌での診断で、針穿刺を行い癌か否かを検査できるのも特徴です。細胞診検査では細胞診専門医3人の他、細胞検査認定を有した細胞検査士3人で診断を行っています。年間6000件の診断を行っており、認定施設となっています。

病理解剖

不幸にして亡くなられた患者の皆様をご遺族の承諾のもとに、生前の診断や治療の効果、病変の進行状態、死因などについて検索を行うのが病理解剖です。
その結果は、後日、直接治療に当たった臨床医(担当医)や他の診療科との先生達との合同検討会を行い、今後の医学への進歩へとつなげていく部門です。

医療関係者の方へ

すべてを閉じる

手術・中央材料部

放射線部

臨床検査部

光学診療部

外来総合治療センター部

血液浄化部

病理診断科

リハビリテーション部

MEセンター

栄養管理室

超音波・生理検査センター