栄養管理室

お食事について

成分栄養管理:食事基準は、個人の治療にあった栄養成分管理システムです。

食事の種類


一般治療食 常食、幼児食、小児食
軟食(お粥、分粥)、流動食
加熱食
特別治療食 糖尿食、肝臓食、膵臓食、胃潰瘍食、腎臓食、心臓食、高血圧食、高脂血症食
貧血食、痛風食、肥満食、術後食、食欲不振食、嚥下訓練食
アレルギー食、濃厚流動食、検査食、出産お祝い膳 等
  → 写真はこちら

食事時間(適時適温)

●朝食 7:30 ●昼食 12:00 ●夕食 18:00
保温保冷配膳車を使用してますので、温かいものは温かいままで、冷たいものは冷たいまま美味しくで召し上がっていただけます。

食事場所

各病棟に病棟食堂を設けています。患者の皆様の病気の状態やご希望に応じて、食堂あるいは病室で召し上がっていただきます。

出産お祝い膳 4東病棟(産科)

「赤ちゃんが元気で、健やかに成長されますようにささやかですがお祝い膳としてお召し上がり下さい。」当院の調理師が腕を振るいます!


行事食

季節の食材を生かした特別献立を実施し、メッセージカードを添えて提供しています。
→写真はこちら

選択メニュー

成分栄養管理 食事基準は、個人の治療にあった成分栄養管理システムです。
→写真はこちら

災害時への対応

当医療センターは災害時の拠点病院になっており、万が一に備えて3日分の非常用食品及び飲料水を常に備蓄しています。火や水がなくても食せるような食糧を備蓄しています。主なものは、パン缶・アルファ米・粥・レトルトカレー・レトルトスープ・味噌汁・おかず缶詰・フルーツ缶詰・ジュース類・保存水などです。

医療関係者の方へ

すべてを閉じる

手術・中央材料部

放射線部

臨床検査部

光学診療部

外来総合治療センター部

血液浄化部

病理診断科

リハビリテーション部

MEセンター

栄養管理室

超音波・生理検査センター