放射線部

透視・造影検査

胃透視検査とは

食道・胃・十二指腸の形や動き、粘膜の状態等を調べるために、検査当日までに胃内を空にしてから造影剤(バリウム)を飲み、透視台の上で左右へと体を動かし造影剤を移動させX線写真を撮ります。検査時間は15分程度で終了します。


胃透視検査前の注意

1.現在、服用している薬があれば申し出て下さい。
2.検査前日は、夜9時までに食事をすませ、それ以降は絶食(水分の摂取はかまいません)して下さい。
3.検査当日は起床後から絶飲食(食事・水分共にだめです)で来院して下さい。
4.喫煙される方は、なるべく禁煙して下さい。喫煙すると唾液が多くなり、診断がつきにくくなります。
5.以前に、心臓病・緑内障・前立腺肥大症・甲状腺機能亢進症、と言われたことがある方は、検査室の医師、看護師にお伝え下さい。
6.検査時は検査衣に着替えます。時計、ネックレス、義歯、眼鏡等は外して下さい。

胃透視検査中の注意

1.胃を膨らませるために、発泡剤(炭酸)を飲んでいただきます。検査終了時までゲップは我慢して下さい。胃のひだを広げて、粘膜のすみずみまで十分に映し出すためです。
2.造影剤は医師の指示通りにお飲み下さい。その際、検査衣につかないようにご注意下さい。
3.透視台の上で体を動かします。落ち着いて医師の指示に従って下さい。

胃透視検査後の注意

1.検査終了後、うがいをして下さい。
2.造影剤がお腹に残らないように、検査室で下剤をお渡ししますので、そのときにお飲み下さい。
3.撮影したX線写真は放射線科医師が読影診断してからお渡ししますので、検査室の前でお待ちください。
4.検査前の胃の動きを抑える注射のため、目がチラチラしたり、2重に見えたり、動悸がしたりすることがありますが、しばらくすると元に戻ります。検査直後の車の運転はしないで下さい。
5.帰宅後は水分を多めにとって下さい。便秘を防ぐためです。検査後の白い便は造影剤のためですから心配ありません。
6.24時間たっても白い便が出なかったら、診療科までご連絡下さい。

大腸透視検査とは

大腸の形や動き、粘膜の状態等を調べるために、検査当日までに大腸内を空にしてから造影剤(バリウム)と空気を肛門から大腸へ注入し、透視台の上で左右へと体を動かし造影剤を移動させX線写真を撮ります。検査時間は30分程度で終了します。


大腸透視検査前の注意

1.現在、服用している薬があれば申し出て下さい。
2.検査前日の食事・下剤の服用・水分の摂取については必ず指示(大腸検査の準備表)通りにして下さい。指示通りに準備が出来なかった方や、水のような便が出なかった方は、必ず申し出て下さい。
3.便秘気味の方は検査の3〜4日前から下剤を服用し、毎日排便するようにして下さい。
4.下痢になりますが、下剤のためですから心配はありません。検査が始まる前までに出来るだけ排便してから受けてください。
5.以前に、心臓病・緑内障・前立腺肥大症・甲状腺機能亢進症、と言われたことがある方は、検査室の医師、看護師にお伝え下さい。
6.検査時は検査衣に着替えます。時計、ネックレス、眼鏡等は外して下さい。

大腸透視検査中の注意

1.造影剤と空気を大腸に注入しますのでお腹が張ります。
2.透視台の上で体を動かします。落ち着いて医師の指示に従って下さい。

大腸透視検査後の注意

1.造影剤がお腹に残らないように、専用トイレで注入した造影剤と空気を排泄して下さい。
2.造影剤がお腹に残らないように、検査室で下剤をお渡ししますので、そのときにお飲み下さい。
3.撮影したX線写真は放射線科医師が読影診断してからお渡ししますので、検査室の前でお待ち下さい。
4.検査前の大腸の動きを抑える注射のため、目がチラチラしたり、2重に見えたり、動悸がしたりすることがありますが、しばらくすると元に戻ります。検査直後の車の運転はしないで下さい。
5.帰宅後は水分を多めにとって下さい。便秘を防ぐためです。検査後の白い便は造影剤のためですから心配ありません。
6.24時間たっても白い便が出なかったら、診療科までご連絡下さい。

医療関係者の方へ

すべてを閉じる

手術・中央材料部

放射線部

臨床検査部

光学診療部

外来総合治療センター部

血液浄化部

病理診断科

リハビリテーション部

MEセンター

栄養管理室

超音波・生理検査センター