放射線部

核医学部門

核医学検査とは?

核医学検査は放射性医薬品を投与して病気の有無を調べる検査です。放射性医薬品は、ある特定の臓器や組織に集まる薬に目印として放射性同位元素(アイソトープ)をつけたものです。投与された放射性医薬品が目的とする臓器や組織に集まったところを、専用のカメラを用いて画像として写しだすことができます。この画像から臓器の形や働きがどのようになっているかがわかります。
 


検査時間

薬を投与してから目的の臓器まで到達するのに時間を要する場合がありますので、投与後すぐにできる検査と、数時間あるいは数日間待たないといけない検査があります。
撮影時間は約20〜60分で、検査内容によって異なります。また、精密な情報を必要とする場合は、追加撮影を行う場合もあります。

検査の種類と利点

心臓の検査

心臓を動かしている筋肉(心筋)の血流や働きなどを画像化して、狭心症や心筋梗塞の早期発見や治療経過をみることができる検査です。

▲心臓(心筋)の断層画像


脳の検査

脳の血流や働きなどを画像化して、脳梗塞や認知症の早期発見や治療経過をみることができる検査です。

▲脳血流シンチの画像


骨の検査

骨の病気の発見に関しては、X線写真より核医学検査の方が優れており、骨転移や、X線では診断の難しい部位の病変や、はっきりしない微細な骨折や腫瘍の診断に有用です。

▲骨シンチの画像


肝臓の検査

肝臓の形状や機能を調べることができる検査です。また、手術病期診断の指標(目安)としても使用されます。

▲アシアロ肝シンチの画像


甲状腺の検査

甲状腺の機能状態、形態を画像に現して診断します。また、当院では甲状腺機能亢進症の内用療法も行っています。

▲甲状腺シンチの画像


PET検査とは?

PET検査とは陽電子(ポジトロン)断層撮影法のことです。陽電子と呼ばれる放射線の特殊な性質を利用して、体内でのエネルギーの使い方、血液の流れ等を調べる検査法です。

※PET-CTとは、病巣部の位置を速やかに確定する「PET画像」と病巣の細かな位置情報を検出する「CT画像」がひとつになったシステムです。
18F-FDGという薬剤は、FDG(フルオロデオキシグルコース)というブドウ糖によく似た物質に放射性のフッ素(18F)を付けたもので、体内での糖分の使われ方を画像にすることができます。悪性腫瘍の多くはブドウ糖を大量に使うため、この画像から悪性腫瘍の存在や広がりに関する情報を得ることにより診断できます。


PET/CT の流れ

検査前の絶食

一般の健康診断同様、検査6時間以上前から絶食します。
*水分をとる場合は、水または甘みのないお茶のみにします。

FDGの注射

血糖値測定後、点滴の要領で、静脈にFDG(ブドウ糖に似た薬剤)を注射します。

検査に必要な安静時間

注入されたFDGが全身にいきわたるまで、横になって静かに過ごします。TVを見る・読書するなどはできません。(約1時間)

PET-CTの撮影

撮像直前に排尿します。撮像時間は20分程度です。時間をおいて2回目の撮像を行う場合もあります。

退室可能になるまでの休息時間

2回目の撮像時間、または退室可能時間まで、TVを見る・読書するなど自由に過ごします。(約1時間)

RI検査における放射線の量(被ばく量)について

RI検査で投与される放射性医薬品による被ばくは、検査する部位や範囲、方法で異なりますが、当院のおおよその被ばく線量は2.5~17ミリシーベルト程度1)2)3)でこれらの線量を超える量を用いることはありません(ミリシーベルト:被ばくの影響を表す単位)。
一度に受けた放射線の量が、100ミリシーベルト未満であれば、検査を受けていない人と比べて、発がん率や胎児への影響に差はないと報告されています4)。
当院では、検査の目的や患者の体型に合わせた放射線の量を設定して検査を行っており、RI検査において100ミリシーベルトを超えることはありません。

【当院の主なRI検査における被ばく線量】
検査 おおよその実効線量(mSv)
心筋負荷シンチ(201TICI) 1).2) 16-17(SPECT-CT 含む)
骨シンチ(99mTcO4-) 1).2) 5-7(SPECT-CT 含む)
脳血流シンチ(123I-IMP) 3) 4.5-6
脳血流シンチ(99mTcO4--ECD) 3) 5-6.5
【参考資料】
1) ICRP Publication 128 MIRD法にて算出
2) ICRP Publication 60 CTDI100法論より算出したDLPに実効線量換算係数を乗じて算出
3) ICRP Publication 53 MIRD法にて算出
4) 公益財団法人 放射線影響協会「放射線の影響がわかる本 2020改訂版」

当院での被ばく低減の試み

当院では、医療被ばくガイドラインであるDRLs2020に準拠し、適正な線量管理を行っています。また、さまざまな被ばく低減技術を利用して、放射線による被ばくを必要最小限にすることを実施しています。小児においては、小児核医学適正検査施行のコンセンサスガイドラインに則り、必要最小限の放射性医薬品投与量にて検査を行っています。(2016年医療被ばく低減施設認定取得)

検査の注意事項

  • 妊娠中、及び妊娠の疑いのある人、授乳中の人は、検査を受けられないことがありますので、前もって必ずお申し出ください。
  • 検査前には、お手洗いで排尿をすませておいてください。
  • 検査によっては、検査前に気を付けなければならない事項を医師や看護師が説明しますので、必ず守っていただき、正しい検査ができように協力ください。

医療関係者の方へ

すべてを閉じる

手術・中央材料部

放射線部

臨床検査部

光学診療部

外来総合治療センター部

血液浄化部

病理診断科

リハビリテーション部

MEセンター

栄養管理室

超音波・生理検査センター