放射線部

CT検査

CT検査 (Computed Tomography/コンピューター断層撮影法)とは?

エックス線を使用し、身体の中の様子をコンピューター処理して、輪切りの断層写真を得る検査です。胸などのエックス線写真だけでは、診断し難いときなど、より詳しく精密に検査する方法として用いられます。
検査方法には 以下の2種類があります。

単純CT検査

造影剤という薬を使用しない検査です。仰向けに休んでいただいて、目的の部位を撮影する方法です。

造影CT検査

造影剤を静脈注射して撮影する検査です。造影剤は、目的部位をより鮮明にするために、また その性質を知るために、用いられる医薬品です。

▲64列マルチスライスCT
/1階86室
▲3D Lab
▲320列マルチスライスCT
/1階85室

検査時間

検査する部位や疾患にもよりますが、 10分〜20分位です。
長い検査では、20分〜40分位かかる場合もあります。

検査当日の食事について

原則 禁食でお願いします。午前中に検査がある場合は、朝食をとらないで下さい。午後に検査がある場合は、昼食をとらないようにして下さい。
(水やお茶などはお飲みいただいて結構ですが、同じ日に他の検査も受けられる方は、 ご注意ください。)
服用中のお薬については、医師からの指示がない限り、通常通り服用して下さい。

検査前の準備

金属・プラスチック・湿布などCT検査の妨げになる場合がありますので、なるべく身に付けないでご来院ください。金属などがある場合は、撮影衣に着替えていただきます。
アレルギー(ヨードアレルギー、薬・食物などのアレルギー)がある方、妊娠 して いる、または妊娠の可能性がある方は、必ず事前にお知らせください。
以前、CT検査を受けられて、変わったことがありましたら、予約をされるときに、医師にお知らせください。

検査中のお願い

ベッドに仰向けに休んで、身体の力を抜いて、リラックスしてください。できるだけ、身体を動かさないでください。
検査中は、検査担当者とマイクを通して会話ができますので、ご安心ください。造影剤は、極めて副作用の少ない薬ですが、万一、気分が悪くなった場合は、必ずお知らせください。

検査後の注意事項

食事は、普通にお取りください。普段どおりの生活を送ってください。
造影剤は、尿として排泄されます。排泄を促進させるために、水分(お茶・水など)を多めにお取りください。
検査終了後、まれに数時間から数日後に、頭痛、吐き気、かゆみ、蕁麻疹などの症状があらわれることがあります。何か症状が見られましたら、受診されている診療科にご連絡ください。

▲胸部

▲頭部血管(3DCT)

▲頭部


▲心臓

▲腹部

▲胸部大動脈


  

  

▲肝臓解析


医療関係者の方へ

すべてを閉じる

手術・中央材料部

放射線部

臨床検査部

光学診療部

外来総合治療センター部

血液浄化部

病理診断科

リハビリテーション部

MEセンター

栄養管理室

超音波・生理検査センター