超音波・生理検査センター

はじめに

はじめに

超音波検査は被ばくがなく、ひとにやさしく繰り返して行える検査として、臨床に貢献してきましたが、近年ではさらに目覚ましい進歩を遂げ、病変の形だけではなく、その性質まで反映する事が出来るようになり、注目度はより増してきております。
超音波・生理検査センターは、平成26年9月より当院に開設されました新しい中央診療部門です。12月より超音波装置の全機器がそろい、本格稼働いたしました。
名前の示す通り、超音波検査と、各種生理検査を全て同一のフロアで行う部門です。
医療センターにおける新たな取り組みとして、皆様に利便性のよい、そして質の高い検査を提供するという目標のもと、それまで、放射線部・放射線科・検査部で行われていた各種のエコーを統合し、一つのセンターで行えるようにいたしました。検査技師を中心とし、多数の各専門科の医師も参加する、多職種による組織横断的なセンターです。
当院の大きな特色であるチーム医療の利点として、多様な人材が密に連携し情報を共有することにより、日々センターとして進歩し続けております。

ロゴマークについて

イルカは、体から超音波を発することにより、障害物を避けたりするだけではなく、対象を傷つけることなくその内部まで知ることができるといいます。そのイルカを組み合わせてハートを形作り、暖かな思いやりの心をもって、体に優しく、高度な様々な検査を提供する部署を現しています。

医療関係者の方へ

すべてを閉じる

手術・中央材料部

放射線部

臨床検査部

光学診療部

外来総合治療センター部

血液浄化部

病理診断科

リハビリテーション部

MEセンター

栄養管理室

超音波・生理検査センター