超音波・生理検査センター

特徴

元来の生理検査室に合併する形で、超音波検査室を9室と増設、従来数か所に分かれて行われていた各種超音波検査(心、血管、腹部、表在、乳腺など)を全て同一のセンターで施行可能なよう統合いたしました。それに伴い、各種生理検査と超音波検査を同一のフロアで行うことを可能としました。さらに各種メーカーの最新鋭、最上級機種の超音波機器を新規に4台導入したことにより、より高度な検査を行う事が可能となりました。

新規導入された機器の紹介

EPIQ 5/7(フィリップス エレクトロニクス ジャパン)

○EPIQ7の特徴

新しく導入されましたEPIQ7はフィリップス社超音波診断装置の中でも最上位機種の装置であり,nSIGHTイメージングにより従来の画像に比べ高い分解能をもつ画像を作成します。xMATRIXを搭載したトランスジューサは1本で,2D,3D/4D,Live xPlane,Live MPR,MPR,ドプラ,カラードプラ,CPA,の各モードに対応できます.多くの検査で3Dイメージングの価値が評価されており,最近では2Dイメージングを補うのみならず,相補的な価値をもたらすものとされ, 特に左室容積および左室機能の計算や,僧帽弁狭窄症例における僧帽弁領域の算出において,3D心エコーは精度,再現性ともに従来の2Dエコーに勝る可能性があります。また3Dエコーは従来の2Dエコーでは実現し得なかった,あらゆる方向からの描出が可能となります.今回,導入された超音波装置から得られる情報は,心臓手術をはじめとする循環器疾患の診断・治療方針の決定において大きく貢献できる新技術となります。


Aplio 400/500(東芝メディカル株式会社)

○Aplio500の特徴
東芝メディカル株式会社超音波装置の最上位機種。最新の画像エンジン(高速演算機能により、大量データを高速で処理)を搭載し、また多彩なアプリケーションにより、
  1. 高速・フレキシブルな超音波ビームの形成が可能であり、高精細で滑らかな画像を実現。
  2. 生体内の組織の各々の特性によって生じるばらつきを機械が自動的に補正して、分解能(小さな病変などの描出能)を高める。
  3. 腹部のエコー検査においても画質はそのままで、従来の二倍のフレームレート(1秒間に何回画面を書き換えられるかを表す指標で、高いほど滑らか)を実現、小さな病変の検出能向上が期待される。
  4. 組織の弾性(硬さ)をリアルタイムに映像化することができる(エラストグラフィ)。
  5. 微細な石灰化などの構造を視認しやすくする(乳腺)。
  6. 今まで、動きのアーチファクトで検出できなかった、より低流速の血流をとらえる。
  7. 2つの異なる周波数を合成して送信し、それにより生じるハーモニック成分を抽出するハーモニックイメージにおいて、より広い帯域の成分を使い、深部まで良好に描出。
  8. 病変の範囲に一致したにじみの少ない滑らかな画像で微細な血流を観察できる。
  9. 広い範囲の病変に対しては体表面に沿ってスキャンした画像をパノラマ表示して正確な範囲を把握可能。
  10. 造影超音波検査に対応可能。


いずれも、最新鋭の機能を備え、先進医療を支える大きな助けとなっております。

そして、本センターの最大の特徴の一つは、スタッフの層の厚さです。各領域の専門性の高いスタッフが検査を行います。検査を施行する技師は、多種の有資格技師(循環器・血管・消化管・泌尿器・脳神経・検診等各領域の超音波検査士、日本乳がん検診精度管理中央機構認定技師等)であり、また、放射線科診断専門医、日本乳癌学会認定医、各科専門医が随時協力できる体制となっております。

検査部へ
放射部へ

医療関係者の方へ

すべてを閉じる

手術・中央材料部

放射線部

臨床検査部

光学診療部

外来総合治療センター部

血液浄化部

病理診断科

リハビリテーション部

MEセンター

栄養管理室

超音波・生理検査センター