超音波・生理検査センター

各種検査の紹介

超音波・生理検査センターで行なわれている各種検査の紹介

超音波検査

超音波検査とは、超音波と言われる人間の耳に聞こえない高い周波数の音波を用いて、臓器の形や動き、血液の流れを評価する検査です。検査専用のゼリーを観察部位の体表に塗り、プローブと呼ばれる機械を直接肌に当て、身体の中を観察します。
検査で用いる超音波は人体に影響はありません。適切に管理していますので、安心して検査をお受けください。

主な検査部位:頸部(甲状腺)、心臓、乳腺、腹部、骨盤部、頸動脈、下肢静脈、軟部組織、関節等

頸部(甲状腺):

頸部(甲状腺)の形態や腫瘤、頸部リンパ節などを評価します。

心臓:

心臓の大きさや動き、弁や血管の状態、血液の流れなどを記録します。
心機能、弁膜症、大動脈疾患などを評価します。

乳腺:

乳腺のしこりの有無やその形態、性状、がんなどの病変がないか、腋窩(脇)のリンパ節を評価します。マンモグラフィではわかりにくい、若年層の乳腺に有効です。

腹部・骨盤部:

腹部・骨盤部の臓器の形や動き、臓器内の病変の有無や性質、血液の流れを評価します。
検査前の一定時間は絶食となります。
コーヒー、紅茶、ジュース、牛乳(乳製品)、炭酸飲料は検査に支障をきたす場合がありますので、飲用をお控えください。お茶やお水は飲まれて結構です。
内服薬は医師の中止がない限り、通常通り服用してください。
子宮や膀胱の観察を行う場合、膀胱に尿が溜まっているほうが観察しやすくなります。検査前の排尿はお避けください。

頸動脈:

動脈硬化の評価や血管が狭くなっている原因などを評価します。

下肢静脈:

下肢の静脈の状態を観察します。深部の静脈血栓や静脈瘤などを評価します。

軟部組織:

皮膚にできた腫瘤等を評価します。

関節:

リウマチや膠原病疾患において、関節の腫れや炎症の程度(血液の流れを見ることで炎症を評価する)、周囲の腱の状態を評価します。
関節の超音波検査はX線撮影に比べ、関節リウマチの早期診断に向いており、MRIよりも簡便でリアルタイム性に優れていると言われています。

超音波ガイド下の処置:
超音波装置による画像を指標に、以下の処置を行います。
・穿刺生検:乳腺、甲状腺、リンパ節等


詳しくは放射線部のページをご覧下さい。

各種生理検査

生理機能検査

生理検査は直接患者の皆様に接して、人間の体の機能について検査するところです。
心電図検査(標準12誘導、マスター負荷心電図、トレッドミル負荷心電図、ホルター心電図)、超音波検査(心臓、消化器、体表血管)、脳波検査、呼吸機能検査、自律神経機能検査、動脈硬化測定などの検査を行っています。また、心筋シンチ、心臓カテーテル検査にも携わり診療放射線技師や工学技師などの他部門と連携をとりながら業務を行っています。

心電図検査


標準12誘導
手首、足首、胸に電極を付け、心臓の活動により生じる電気的信号を波形として記録するもので、不整脈や虚血など、心臓に異常が無いか調べる検査です。力を抜いてリラックスしていただきます。痛みを伴うことはなく、3〜5分で終わります。

負荷心電図
階段の上り下りをしてもらいその前後の心電図を記録していく検査です。


トレッドミル負荷心電図
心電計、血圧計を装着したままベルトの上を歩いてもらい運動することによって心臓に負担をかけ症状、心電図、血圧の変化などから患者の皆様の運動能力を測定していく検査です。マスター負荷心電図より強い負荷をかけることより、専門医立会いの下で行います。

ホルター心電図検査
小型の携帯型心電計を24時間装着していただきます。日常生活における不整脈の判定や自覚症状(動悸、胸痛)の際の心電図変化を観察し解析する検査です。


呼吸機能検査
肺疾患、肺機能の異常の検出のほかにも手術適応や労作能力の判定などもこの検査によって調べます。マウスピースを口にくわえていただき鼻をクリップで閉じて口だけで呼吸しながら検査を進めていきます。


脳波検査
脳波検査とは、脳から生じる微弱な電気的信号を波形として記録するもので、てんかんや頭部外傷、脳血管性障害などの診断に重要な検査です。頭皮上に電極を付けてベッドに横になってもらい、軽く目を閉じて力を抜き、楽にしているだけです。なお、検査の際に電気を流したり、痛みを伴うことはありません。


自律神経機能検査
心電図と血圧計を装着した状態で安静時、過呼吸、起立による変化を調べます

血圧脈波検査(ABI/CAVI検査)
ABIは動脈硬化による血管内の狭窄・閉塞を、CAVIは動脈壁の硬さを診断する指標です。
動脈硬化の診断や、高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病の管理などに役立ちます。仰
向けに寝た状態で、両足首と両腕の血圧と、心臓の音を記録します。検査時間は5分程度です。


終夜睡眠時ポリグラフ(SAS)
睡眠障害、主に睡眠時無呼吸症候群(SAS)をはじめ、ナルコレプシー、周期性四肢運動障害、夜間てんかん発作などの診断や治療方針決定のために行う検査です。簡易式は外来患者さんでも御自分で装着可能であり、これにより睡眠時無呼吸症候群と診断された患者さんは1泊2日の入院において脳派を含めた15〜20個のセンサーや電極を用いて記録解析します。

ABR(聴性脳幹反応)聴性脳幹反応
脳幹機能や聴力(耳の聞こえ具合)を知るために行います。当院では、乳幼児を対象に検査を行っています。赤ちゃんが寝た状態でヘッドホンからのクリック音を聞かせ、脳の中の聴覚に関する神経経路の反応を見る検査です。

詳しくは検査部のページをご覧下さい。

医療関係者の方へ

すべてを閉じる

手術・中央材料部

放射線部

臨床検査部

光学診療部

外来総合治療センター部

血液浄化部

病理診断科

リハビリテーション部

MEセンター

栄養管理室

超音波・生理検査センター