泌尿器科

治療成績

腎細胞癌

■ 腎細胞癌の診断

腎臓にできる腫瘍の大部分が悪性腫瘍ですが、そのうち腎実質にできる腫瘍の約90%は腎細胞癌です。
一般には腎癌と呼ばれています。腎細胞癌も泌尿器科領域の膀胱癌や前立腺癌と同様に増加傾向にあります。腎細胞癌の症状は、以前は血尿、腹痛、腹部腫瘤と言われていましたが、このような症状が出てから病院を受診した場合にはすでに進行していることが多く、腎癌は予後が悪いと考えられていました。しかし、最近では検診や人間ドックでお腹の超音波検査(エコー検査)が行われる機会が増え、7~8割が比較的早期に発見されるようになったお蔭で腎癌も根治できるようになってきました。是非、健康診断を受ける場合には超音波検査を含んだものを選ぶようにしましょう。

■ 腎細胞癌の治療法

腎細胞癌の治療は、手術による摘出が唯一有効な方法と言われています。抗癌剤や放射線療法は、根治がほとんど期待できません。何と言っても早期発見、早期手術が第一です。手術には癌の大きさや進行の程度によって腎臓を全て摘出する根治的腎摘除術や、癌の大きさが4cm未満であれば癌を含め腎の一部分のみを摘除する腎部分切除術などあり、特に最近では、腎部分切除術が選択される場合が増加しています(5割程度)。いずれの手術も最近は手術後の痛みを軽くする目的で小さな傷で手術を行う内視鏡手術(腹腔鏡手術)やミニマム創手術(5-6cmの傷)が行われています。特に腹腔鏡手術に関してはロボット支援手術が2016年4月より保険収載されましたので、普及してくるものと思われます。しかし、全ての方にこの内視鏡手術やミニマム創手術が用いられるわけではありません。最初に述べましたように、腎細胞癌の治療は手術によって完全に癌細胞を取り除くことが原則ですから、それが内視鏡手術では難しいと予測される、腫瘍が大きいケースや腫瘍の静脈内塞栓を伴うケースでは従来の開腹手術が行われることになります。
 また、手術ができないような進行例や手術後に再発や転移を来した患者さんには、従来、免疫療法としてインターフェロンやインターロイキンなどのサイトカイン製剤が投与されていましたが、1-2割の患者さんに治療効果がみられる程度でした。そこで、2008年頃から、新しい作用機序の抗腫瘍剤(分子標的薬)が登場し、8割程度の患者さんに治療効果が認められ、現在は主流となってきています。この治療は、腫瘍専門内科医と共同で、主に外来通院にて行われ、日常生活を送ることが可能です。

■ 当院における治療実績

当院が開院して20年になりますが、2000年以降の統計ではすでに350名以上の方に腎細胞癌に対する手術が行われました。以前解析した生存曲線ですが、癌の大きさが直径7センチ以下で転移がなく腎臓周囲へ癌が拡がってない方(Stage I)では、手術によってほとんど再発なく、元気に過ごしています(最長11年以上)。また、それ以上に進行した方でも確実な手術が行われれば治癒する可能性は十分あります(生存率65〜85%)。腎癌の治療は何より、適確な手術法の選択と確実な手術が大切であると考えています。


膀胱癌

膀胱癌は年々増加しています。膀胱癌の症状は血尿が最も多く、とくに痛みなどの症状を伴わない肉眼的血尿(無症候性血尿)に気づいた場合、早めに専門医を受診することをお奨めします。膀胱癌には大きく分けて2種類あります。ひとつは膀胱の壁の浅いところにできる癌(表在性)であり、もうひとつは膀胱の壁に深く根を張った癌(浸潤性)です。もちろん表在性の癌を治療せずに放っておくと浸潤性の癌になっていきます。表在性の癌であれば内視鏡的に切除する治療がよく行われます。ところが浸潤性の癌は根が深いので内視鏡的切除で完全に切除できないため、膀胱を摘出する必要がでてきます。膀胱癌を内視鏡的に完全切除した場合でも、術後数ヶ月から数年後に再発することが少なからずあります。膀胱癌は膀胱のあちらこちらに多発・再発する性質をもっているからです。このため、術後に再発予防の目的で抗癌剤やBCGを膀胱内に注入する治療もよく行われています。いずれにしろ膀胱癌も他の癌と同じように治療が早ければ早いほどよいので、血尿が出たときはできるだけ早く専門医を受診すべきです。また、膀胱炎がなかなかよくならない、あるいは度々膀胱炎になるような方も膀胱癌がある場合があります。このような方も必ず泌尿器科専門医に診てもらうようにしましょう。

■ 膀胱癌の最新治療

浸潤性膀胱癌で、これまでだと膀胱を摘出しなければならなかった患者に対して、当院では抗癌剤の動脈内注入を行っています。これは手術による治療効果をあげるためのものであり、手術単独での治療に比べて術後の再発・転移が少なくなります。症例によっては腫瘍が抗癌剤によって縮小あるいは消失し、膀胱を全部摘出せずにすむ場合があります。また、残念ながら膀胱を摘出しなければならない場合、膀胱の代わりに腸を使って尿をお腹の外に出す手術(尿路変更)も同時に行われます。これまでは人工肛門のように腸の端を腹壁に出し、集尿袋を貼って尿を集める回腸導管という手術がよく行われていました。最近では、(すべての方にできるわけではありませんが)腸で新しい膀胱をつくって尿道につなげてこれまでどおり尿道から排尿させる術式も行われています。

■ 当院における治療成績

浸潤性膀胱癌でこれまでなら膀胱を摘出しなければならないと考えられる症例に対して、抗癌剤の動脈内注入を行い約48%の方が癌が縮小あるいは消失し、内視鏡手術や膀胱の一部を切除する手術のみで治癒しています。膀胱を残すことができた患者の皆様は、再発の可能性は残りますが日常生活の面でこれまでと変わりなく、現在も定期的に外来に通院中です。 また、残念ながら膀胱を全部摘出しなければならない膀胱全摘手術を行った場合、当院では小腸を用いた代用膀胱手術を行っています(ハウトマン法、スチューダー法)。回腸導管法に比べて手術時間が長くなりますが、手術前と変わらず尿道から排尿できますので日常生活上の制限が少なくなります。

前立腺癌

前立腺癌の診断・治療および治療成績については「前立腺癌総合治療センター」のコラムで詳しく示していますので「こちら」をクリックしてください。