泌尿器科

トピックス

泌尿器科疾患豆知識「おしっこが近い」


ひとくちに「おしっこがちかい」といいましても、実際は様々な原因があるものです。ところで1日に何回くらいおしっこをすると「おしっこがちかい」ということになるのでしょう?ふつうの生活をしている大人のかたであれば1日のおしっこの量は1000〜1500ml あれば十分ですので、1回の排尿ででる量を200〜300ml とすると尿の回数は4〜8回ということになります。まあ、昼間8回、夜間2回までは正常の範囲内と考えてもよいかと思います。
ところで「おしっこがちかくなる」原因には次のような病気があります。

頻尿の原因

イ)膀胱刺激症状としての頻尿
  膀胱炎、膀胱癌、膀胱結石などの膀胱の病気

ロ)排尿筋の無抑制収縮
  脳血管障害(脳梗塞、脳出血)、パーキンソン病などによる
  最近は過活動膀胱という診断名で分類されています。排尿筋の無抑制収縮が証明されなくても、
  尿意切迫感があって、頻尿や切迫性尿失禁を伴うこともあるような症状群を
  「過活動膀胱」としています。脳血管障害、パーキンソンのような神経が原因のものと、
  神経以外の原因(前立腺肥大症や加齢、原因不明など)で起こるものがあります。

ハ)残尿(排尿した後に膀胱内に尿が残っている)
  神経因性膀胱、前立腺肥大症など

ニ)膀胱容量の減少、低コンプライアンス膀胱
  膀胱結核、長期のカテーテル留置、慢性膀胱炎による
  膀胱壁の線維化、骨盤部放射線治療後の膀胱萎縮など

ホ)膀胱が圧迫されている場合
  骨盤内腫瘤(子宮筋腫、卵巣腫瘍)、妊娠など

ヘ)尿量増加(1日の尿量が多すぎる場合)
  利尿剤使用、糖尿病などによる多尿、尿崩症など

ト)原因疾患不明
  心因性頻尿、不安定膀胱など