泌尿器科

トピックス

泌尿器科疾患豆知識「おしっこがもれる」


「おしっこがもれる」すなわち尿失禁は下記のように原因によっていろいろなタイプがあります。
それぞれのタイプによって治療法も異なります。尿失禁があってお困りの方はあきらめないで泌尿器科専門医に相談してみて下さい。

尿失禁の診断

(1)尿失禁の有無の確認
(2)尿失禁のタイプの推定
(3)尿失禁の重症度の推定
(4)尿失禁の背景疾患の推定

尿失禁のタイプ

1. 腹圧性尿失禁
中高年の女性に多く、骨盤底筋の脆弱化によって起こります。骨盤底筋とは骨盤の底にある筋肉群で、尿道や膀胱、子宮などをハンモックのように支えています。何度もお産を経験された

治療
  骨盤底筋体操
  TVT(局所麻酔にて尿道を支持する方法)
   尿道周囲コラーゲン注入
  膀胱頚部つりあげ手術(Raz, Stamey 法など)

2. 切迫性尿失禁
膀胱の活動性が何らかの原因で高まっているために起こる尿失禁です。多くは頻尿や尿意切迫感(尿をしたくなったら我慢ができないような突然起こる感覚)を伴います。原因としては膀胱の活動性が高まった状態と膀胱からの刺激に対して抑制がきかない状態があり、以下のように様々で悪性疾患が隠れている場合もあります。逆にくすりを服用するだけで失禁が治る場合もあります。自己判断せずに医師に相談しましょう。

原因
過活動膀胱
  神経性(パーキンソン、脳血管障害など)
  非神経性(前立腺肥大症などの下部尿路閉塞、加齢、原因不明など)
膀胱の異常
  膀胱癌、膀胱結石、間質性膀胱炎
膀胱周囲の異常
  子宮内膜症
前立腺・尿道の異常
  前立腺癌、尿道結石
尿路性器感染症
  膀胱炎、尿道炎、前立腺炎

治療
  原因のわかっているものでは原因の治療
  抗コリン薬の内服

3. 溢流性尿失禁
何らかの原因で膀胱内に多量の残尿がある場合に起こります。原因としては下部尿路閉塞(前立腺の病気、膀胱の出口に腫瘍などの病変がある場合、尿道狭窄など)、神経因性膀胱機能障害(糖尿病、骨盤内の手術後など) などがあります。

4. 機能性尿失禁
移動動作の障害 (運動麻痺、パーキンソン、関節炎、骨折)や認知症の方に特有な尿失禁 (トイレの場所がわからない、トイレと間違える、周囲の関心を呼ぶため、トイレで排尿すべきことがわからない)などがあります。