放射線科

基本方針

放射線科は専門診療科と、病院の中央部門としての放射線診療部の双方を担当している科です。前者は外来と病棟よりなり、放射線治療、総合画像診断を必要とする疾患、血管造影を用いた特殊な治療等を目的とした患者さんに対する診療を中心とし、後者は診断・治療等を各科に対し横断的にサービスする部門で、各診療科・センターと協力し診療にあたっています。
画像診断としてMR検査、CT検査、超音波検査、血管造影(Interventional radiology: IVRを含む)、核医学検査(PET-CTを含む)を、放射線治療ではリニアックを用いた外照射、マイクロセレクトロンを用いた腔内・組織内照射を行っています。
臨床研修システムに伴い、臨床研修医の教育にも力を注いでいます。