血液内科

トップページ

外来担当日

岩崎 浩己
山崎 聡
高瀬 謙
門脇 賢典
小田原 淳

 

血液内科ホームページへようこそ

身体の中で重要な働きをしている血液およびそれを産生している臓器(骨髄やリンパ節,脾臓など)の病気を治療しています.血球は赤血球,白血球,血小板の3種類があります.赤血球が減る貧血症,増える多血症,白血球が減る病気(顆粒球減少症など),白血球が増える病気(白血病など)血小板が減る病気(特発性血小板減少症など),血小板が増える病気(本態性血小板増加症など)を取り扱います.さらに,リンパ節が腫れる病気(悪性リンパ腫など)や,血中の一部のタンパク質の異常をきたす疾患(多発性骨髄腫)なども主な取り扱います.取り扱い疾患の一覧を下に掲げます. 血液疾患には主に化学療法を行います.近年開発が著しい分子標的治療や抗体療法も積極的に取り入れています.さらに難治性疾患治療の切り札とも言える造血幹細胞移植は自家造血幹細胞移植だけで無く,同種造血幹細胞移植(臍帯血移植、末梢血移植,骨髄移植)も行っています。

専修医(レジデント)募集

全身病である血液疾患を持つ患者の皆様を多数治療しています.指導医も経験豊富で一般内科および血液内科の十分な研修ができます.専門医資格(内科、血液内科など)も取得可能です.興味のある方は科長まで御連絡下さい.募集の詳細は「臨床教育部」を御覧下さい.