高血圧内科

治療成績

高血圧外来患者の血圧管理状況

高血圧治療ガイドラインが改訂されました。新しいガイドライン(JSH2014)が提唱する降圧治療達成率は、75歳以上(150/90mmHg未満)92.3%、75歳未満, 冠動脈疾患, 脳血管障害,CKD(尿蛋白なし) (140/90mmHg未満)85.1%、糖尿病, CKD(尿蛋白あり) (130/80mmHg未満)47.1%でした。降圧目標値が緩和されたこともあり、全体として74.9%と 高い目標達成率でした。但し、130/80mmHgを目指すべき病態では、まだ目標達成率が不十分であり、さらに降圧療法を強化する必要があります。


高血圧外来患者における食塩摂取量

1998年から開始した24時間家庭蓄尿による高血圧外来患者さんの食塩摂取量調査はのべ6137人となりました。男性の食塩摂取量平均は10.0g/日、女性は8.2g/日でガイドラインが提唱する1日6g未満の達成率は男性で13.2%、女性で25.7%にとどまっています。さらに減塩指導を強化する必要があります。