救急部

トップページ


広域災害・救命救急センターへようこそ

3階東病棟、救急科・集中治療センターは病床数30(ICU、CCU、SCU、HCU)。救急現場からの一次救急要請や医療機関からの二次・三次救急要請に対応しており、とくに循環器疾患および脳卒中疾患の超急性期高度医療を目指している。また、術後 ICUとして心臓外科や脳外科の定例手術後、他の外科系においても術後呼吸・循環管理を必要とする場合、さらに各病棟で臓器傷害を合併し重症化した症例を受け入れている。血液浄化(HD、CHDF、DHPなど)、体外循環(IABP、PCPS)を含めた臓器サポート、
年間の入室患者数は2200例にのぼる。各科オンコール体制は整備され、各関連科とのカンファレンスや連携により充実した診療を行っている。

ICUスタッフは4人、24時間勤務体制で、年間の救急車搬入数2000台の円滑な受け入れに努め、初療を行っている。また、研修医教育については「緊急事態の中で、なにを優先すべきかを判断する」をモットーに、常時救急指導医が関わり、診断学を基本とした臨床経験を重視している。