脳血管・神経内科

トピックス

神経救急疾患の新たな診療体制を築く循環器・神経内科・救急専門医


九州医療センターから神経内科専門医への道

平成25年より、脳血管・神経内科医長として活躍している桑城貴弘先生を紹介します。

経歴紹介

H11年 熊本大学医学部卒業
H11年 九州労災病院 研修医
H12年 九州大学病院 研修医
九州大学第二内科を中心に内科全般を研修。幅広い知識を持って迅速に対応する脳卒中診療に魅せられ、良き先輩も多く、脳循環グループに入る。
H13年 聖マリア病院脳血管内科 医師
 脳血管障害を初めとした、神経救急疾患を十二分に体感する。
H14年 大牟田労災病院内科 医師
 内科一般に加え、慢性期脳血管障害、神経変性疾患まで幅広い診療に従事する。
H15年 国立循環器病センター レジデント
 急性期脳卒中診療に関連したあらゆる臨床修練とともに、臨床研究の基礎を学ぶ。内科学会認定医取得(H15)
H18年 九州大学病院腎・高血圧・脳血管内科 医員
 大学病院の医員として、臨床,研修医教育に携わる。総合内科専門医取得(H18)
H19年 九州大学大学院医学研究院 研究生
 国立循環器病センターでの経験をもとに、臨床研究に携わる。脳卒中専門医取得(H19)
H20年 九州大学病院先進予防医療センター 医員 循環器専門医取得(H20)
H21年 九州大学病院救命救急センター 助教 
 三次救急に携わり、外傷、心肺停止、重症熱傷等に日夜寝食を忘れて対応する。また、これまでの経験を生かし、神経内科専門医(H21),老年病専門医(H22),救急科専門医取得(H24)を次々取得。
H25年 九州医療センター脳血管・神経内科医長として神経救急(てんかん、脳炎・髄膜炎、難解な意識消失・意識障害など)を中心にスピーディに対応する神経内科専門医として精力的に診療・教育・臨床研究を実践。

神経内科専門医への道 Q&A

Q:なぜこの道を選んだのですか?

内科の中でも、忙しく、活動性のある科を希望していました。研修中にあたった脳卒中の症例から、全身管理の重要性を痛感し、この道に決めました。

Q:なぜ神経内科専門医を志したのですか?

脳卒中診療を含む、神経救急の領域で頑張りたいと考えたからです。そのためには、救急のみでなく神経に関する専門知識が必要不可欠だと思ったからです。

Q:九州医療センターで学ぶべき事は?

九州医療センターは脳卒中の分野では、他の追随を許さない最先端の病院ですが、脳卒中を含む神経救急疾患もまた多く搬入される病院です。てんかん、炎症性疾患、変性疾患等、神経専門医を目指す上で学ぶべき症例は非常に多彩にあります。

Q:神経内科専門医は難しかったですか?

難しい試験ですが、まずは目指さなければ何も始まりません。日々の症例を大切にすることと、問題意識を持って診療にあたることです。神経疾患は,根気強い診療により診断に至る分野です。その上で、試験勉強にあたれば、おのずと先が見えてくると思います。

Q:今後の目標は?

当院は国立循環器病センターを神経学会教育施設とする教育関連施設ですが、さらに内科全般に幅広く、高いレベルの教育施設となるように医療環境を整備していきたいですね。また日常診療から神経救急の臨床研究を発展させ、一人でも多くの優秀な後輩神経内科医を育てたいと思います。