乳腺外科

治療成績

病期別5年生存率
病期別の5年生存率をみてみると、stage 0:100%、stage I:99%、 stage II:94%、 stage III:93%、stageIV:32%でした。早期発見、早期治療が最も重要ですので、より多くの方々にマンモグラフィー検診を受けていただき、また、少しでも乳房に気になる症状がある方は当乳腺外科への受診を強くお勧めいたします 。