リウマチ科

基本方針

基本指針

リウマチ科では関節リウマチ(RA)および変形性関節症(OA)を中心としたリウマチ性疾患に対する最新の手術療法・薬物療法に取り組んでいます。特にRAに対しては、近年飛躍的進歩を遂げた生物学的製剤を中心とする最新薬物療法を積極的に導入することにより、関節破壊の進行抑制とADL・QOLの向上を目指しています。一方、RAに対する手術療法は変形性関節症(OA)に対する手術に比べて必ずしも成績が良くありませんでした。これは、RA特有の骨脆弱性、高度骨破壊・変形、多関節罹患、全身筋力低下・ADL低下、全身状態悪化、易感染性、術前・術後合併症などが大きな障害となっていたからです。最新薬物療法によってこれらの成績不良因子が減少すれば、OAに対して行われている最新の整形外科手術手技がRA患者さんにも適用可能となり、臨床成績の向上とより良いADL・QOLが獲得されます。このため、最新薬物療法を積極的に推進すると同時に、RA患者さんの機能障害、関節破壊の評価を十分に行い、タイミングよく機能再建手術を行うことが重要です。リウマチ科では8階東病棟においてリウマチ・膠原病センターの一員として、リウマチ性疾患の集学的医療を推進するために、膠原病内科医の協力を得て、整形外科リウマチ医、看護師、理学療法士、薬剤師、栄養士、ソーシャルワーカーのスタッフ協力体制に基づくチーム医療を実践しています。

将来の展望

関節リウマチの薬物療法や手術療法は飛躍的に進歩しています。高度化するリウマチ診療には、かかりつけ医・地域医療機関と高度先進医療を担うリウマチ科との連携が重要です。当科は福岡地区のリウマチ診療基幹施設として中心的な役割を担っており、年4回の福岡リウマチ懇話会、年2回の九州リウマチ学会において治療成績の情報公開を行っています。また、最先端の生物学的製剤に関しましては、福岡RA生物学的製剤治療研究会で随時情報発信・交換を行っています。さらに、各種治療成績を日本リウマチ学会、日本関節病学会、日本臨床リウマチ学会等の全国学会に多数発表しています。当院は日本リウマチ学会認定教育施設であり、リウマチ科では毎年多くのレジデント・研修医の指導も行っています。宮原先生は平成25年度より日本リウマチ学会理事および九州・沖縄支部支部長を継続しています。これからもRAや関節症の臨床研究と先端医療を推進するとともに、福岡県並びに九州・沖縄地区のリウマチ医療向上のために努力していきたいと考えています。