整形外科

基本方針

広範かつ多岐にわたる整形外科領域疾患のほとんどについて診断と最新治療を積極的におこなってきました。すなわち、脊椎・運動器疾患として体幹・四肢の全てを対象とし、脊椎、脊髄、末梢神経、骨・関節、筋、皮膚について、変形・変性、炎症、外傷、骨粗鬆症などの診断と治療にありました。特に当整形外科が専門とする分野はリウマチ関節外科、股・膝関節外科、脊椎外科であり、これらの分野では手術症例数・内容とも九州におけるトップクラスの診療実績を誇っています。また、高度専門医療だけでなく、大腿骨頚部骨折等の骨折・外傷一般についても積極的に受け入れ、地域医療に根差した病診連携を推進しています。