歯科口腔外科

基本方針

口腔外科

口腔癌、良性腫瘍、骨折、インプラント、口唇口蓋裂、炎症、粘膜疾患、顎関節症、顎変形症、抜歯など全ての口腔外科的疾患を受け入れています。


口腔癌の治療は、当院が癌治療を行う高度総合医療施設である特色を生かし、関連各診療科と協力して治療を行います。毎週木曜日は放射線科、腫瘍内科、耳鼻科と放射線・化学療法を含む治療内容についてカンファレンスを行っています。。


顔面外傷(骨折)では、大学での基礎研究(当科科長指導)を基に咬合、咀嚼機能、審美性を十分考慮し治療を行います。合併症がある場合は脳外科、脳内科、整形外科など関連の科の診察を迅速に受けることができます。


インプラント治療につきましては、CT検査をすべての患者の皆様に行い、骨が不足している場合は骨移植を含めた骨増生も行います。手術は感染対策を施したクリーンな中央手術室で各種モニターを装着し行います。心疾患、糖尿病など全身疾患をお持ちの患者の皆様も主治医の先生と相談の上、当科入院下での治療も可能です。インプラント治療につきましては自費治療となりますのでご相談下さい。


口唇口蓋裂の患者の皆様は、九州大学口腔外科と連携し、一次手術、修正術、発音治療、骨移植と患者の皆様の成長にあわせて治療しています。


抜歯その他の処置に関しましても必要に応じてCT、MRIなど当院の最新医療機器を用いて検査を実施し、関連各診療科と協議の上処置を行います。なお、抜歯に関しましては当科では一般歯科医院での処置が困難な抜歯がほとんどです。十分な処置時間を患者の皆さまのためにお取りし安全第一に行いますので、初診日当日の抜歯は原則として行っておりません。


摂食・嚥下につきましては、NSTのメンバーとして病棟回診、勉強会に参加し、患者の皆様の口腔ケアー、摂食・嚥下指導にも積極的に関与しています。

歯科

当科は病院歯科という性質上、全身の病気を有し、一般開業歯科医院では歯科治療が困難な患者の皆様の治療を行っていますので、入院患者の皆様および有病者の方(全身の病気を有した方)が主体となります。したがいまして、健常者で一般開業歯科医院での治療を受けることが可能な患者の皆様は近くの歯科医院を紹介しています。


矯正歯科、小児歯科は行っていません。