消化管外科

基本方針

本院の基本理念に沿って、患者の皆様の権利を尊重し相互の信頼関係に基づき、最良最適の医療を提供することを最重要の基本方針としています。
標準治療はもちろんのこと、最新のエビデンスを基にした治療、最新の技術を取り入れた先進的な治療も積極的に推進し、癌を中心とした外科治療全体の成績向上を目指します。
そのためには臨床研究の遂行が不可欠であり、日常の臨床データの集積と解析を行い、その成果を学会や論文で発表します。また臨床試験にも積極的に参加し、新しい治療法の創出に貢献します。
さらに若手医師や外科医を育成していくことを深く認識して、日々の診療にあたります。