小児科

基本方針

基本方針

福岡都市圏の中での当院の役割は、
(1)早産・母体搬送例を中心とする地域周産期センターとしての新生児医療と
(2)開業小児科・休日時間外急患センターからの紹介患者の受け入れを主とした病院小児科・2次施設としての小児医療です。

周産期センター(NICU)

地域周産期母子医療センターとしての役割を十分果たすことが基本方針です。
産科と同じ4階東病棟で、新生児特定集中治療管理室(保険認可NICU)9床を含む15床です(H22.4よりGCU加算取得に際して、NICU6から9床へ、GCU10から6床へ)。未熟児(早産児)を中心に、生まれる前から入院(母体搬送)してくるようなハイリスク児の診療が主な業務です。分娩の時期や方法を産科と相談の上決定し、ハイリスク分娩には小児科医が立ち会い、その後はNICU(新生児集中治療室)での診療を昼夜の別なく行っています。
集中治療だけでなく、母親への小児科医の出生前訪問や臨床心理士の心理面接、ディベロップメンタルケアと呼ばれる児の発達を考えたNICUの環境調整・児のケアなど、ハイリスクの母児支援を心がけています。フォローアップ健診に加えて、未熟児出身児の支援として(1)極低出生体重児の親子を対象とする親子遊びの会ひわまりグループ(月2回、ボランティアの臨床心理士・保育士・学生の協力で運営)と(2)NICU同窓会(秋に3歳児、春に新就学児)を開催しています。
一方、いわゆる正常新生児(健常新生児)に対しても「より健やか」であるように、出生前から小児科医が関わり(出生前訪問、母親学級)、well baby clinic(1生日健診、5生日健診、1ヶ月健診)を実施し、周産期からの子育て支援・母乳育児支援を行っています。

小児センター(一般小児科入院)

都市圏の開業小児科の先生および小児医療機関と連携をとりながら地域の小児医療に貢献することが基本方針です。
小児単独病棟がないため、8階西病棟(混合病棟)の2床の個室を利用して入院患者を受け入れています(改築後は3床)。お子さんとご家族に納得していただける医療を体協できるよう努力しております。開業医の先生からのご紹介や、急患センターからの入院受け入れが中心です。退院後は開業医の先生に逆紹介し病診連携に心がけています。

外来部門

一般小児外来、NICU出身児のフォローアップ外来、正常新生児の健診(1生日、5生日、1ヶ月)を行っています。専門外来として、小児神経外来(九大神経グループ担当)を設けています。一般小児外来については、病院小児科の特徴(血液検査やウイルス・細菌検査、超音波・CT・MRIといった画像検査の提供と時間をかけた十分な説明)を生かした実地小児科の先生と連携した診療が基本方針です。

診療体制


入院部門

小さな小児センターですが、その中で“Kids First〜いつでもこどもが最優先〜” の精神を大事に、できるだけ良い小児医療を提供できるよう努力しています。
総合小児科として、実地開業の先生からの紹介、近接する福岡市の急患診療センターからの受け入れを積極的に行っています。
急性呼吸器感染症、気管支喘息、尿路感染症、等をお預かりして、退院後は紹介して頂いた先生に逆紹介しております。

▲南側の病室からの眺め
▲北側の病室からの眺め


→小児科にお子さんが入院されたご家族に

外来部門



外来は、正常新生児に対しての健診を、1ヶ月健診まで行います。
育児の健やかなスタートを支援した後、地域の健診や開業小児科の先生へ引き継いでいます。
午前中に一般外来を、午後からNICU出身児のフォローアップ外来を行っています。
専門外来として、九州大学小児科から小児神経専門医を招聘し、小児神経外来を設けています。
臨床心理士を周産期センターへ週1回招聘し、ハイリスク児の母親への心理面接も行っています。
一般外来については、病診連携の観点から、かかりつけの先生からのご紹介を原則にしています。
専門外来は完全予約制になっております。
小児科外来あるいは外来担当医へご連絡くださるよう お願いいたします。

周産期センター:NICU 部門


当院は福岡県の周産期システムの中で地域周産期センターに認定されています
NICU(新生児集中治療室)を備えており、周産期専門の産科医と新生児専門の小児科医がいます(毎日、産科医1名と小児科医1名が当直しています)

病床15床(うち保険NICU9床)
NICU部門では入院が必要と予測される赤ちゃんがまだ生まれる前からお母さんが入院(母体搬送)してくるようなハイリスクと呼ばれるお母さんと赤ちゃんを、主にお世話させていただきます。
具体的には早く小さくうまれた”未熟児”、あるいは病気の赤ちゃんの診療です。(未熟児医療の説明)
分娩の時期や方法を産科の先生方と相談して決定し、分娩には小児科医が立ち会います。
その後はNICU(新生児集中治療室)での診療を24時間体制で行っています。

ハイリスク新生児を昼夜の区別なく収容し、集中治療するのがNICU(neonatal intensive care unit:新生児集中治療室)です。

NICU当直を置き、早産児を主としたハイリスク児の分娩に立ち会い、出生後の集中治療、と24時間体制で診療を行っています。

福岡都市圏では、母体搬送を受け入れる周産期センター(NICUもあり)は九大、福大、九州医療センター、徳洲会病院、NICUを有する新生児医療施設はこども病院(産科がない)、軽症を担当する2次施設は日赤病院、浜の町病院です。7施設が連携して地域の周産期医療を実施しています
わが国の新生児の死亡率は周産期医療の進歩とともに低下、今や世界一のレベルです。
少ない死亡例は高い診療水準にあること、転院例が多いことはNICUの収容能力不足(早急に解決すべき点です)を示していると思われます。
現在の新生児医療は、生存退院だけでなく、児の発達に配慮したケアや学童期にもおよぶ長期のフォローアップまで求められる時代になりました。
当NICUでも看護スタッフを中心にDevelopemetal care(音や光の環境の調整、カンガルーケアやポジショニングなど姿勢調整・感覚刺激)を行い、臨床心理士によるカウンセリングなど”真に児にやさしいNICU”を追求しています。
また、未熟児の出身児の独特の発育・発達を考慮して個々患者の皆様へ対応するとともに、
”後遺症なき生存”のために、周産期医療へのフィードバックを目的として全国共通プログラムによるフォローアップ健診を実施しています。

▼未熟児とは

未熟児とは、早く小さく生まれ、十分成熟していない赤ちゃんを言います。
早く:在胎週数が
37週未満の赤ちゃんを 早産児
28週未満を 超早産児

小さく:出生体重が
2500g未満の赤ちゃんを 低出生体重児
1500g未満を 極低出生体重児
更に1000g未満を 超低出生体重児
と呼びます。

未熟児で生まれたら?
いつでもどこでも、必要な最高を受けられるように、その地域のNICUへ救急車で運ばれます。
(新生児医療の地域化)
現在は、生まれる前から胎児と妊婦を周産期センターへ母体搬送する「周産期医療の地域化」の時代となっています

▼ 新生児集中治療室(NICU)

昼夜の区別なく収容し、集中治療を行う施設。

→周産期センター
母体・胎児・新生児の救急・高度な医療、
産科・小児科双方からの一貫した総合的な医療を提供する施設です。

▼ 周産期医療とは

周産期の期間は母子ともに異常が生じやすく、突発的な緊急事態に備えて、産科・小児科双方からの一貫した総合的な医療体制が必要であることから、特に周産期医療と表現されます。周産期センターは母体・胎児・新生児の救急・高度な医療を提供する施設です。

全国的な周産期医療の流れ:
平成7年の母子保健法改正(第20条の2 平成9年度より施行)によって、国および地方公共団体は妊婦と新生児、乳幼児に対し高度な医療が提供されるよう、必要な医療整備に努めなければならないと定められました。
これを受けて、国は平成8年度から「周産期医療対策整備事業」を実施。
福岡県も周産期対策事業を展開し、平成10年12月に3ヶ所の総合周産期母子医療センターを指定、平成12年3月に国立病院九州医療センターを地域周産母子医療センターと認定しました。

周産期医療のkeywords

ハイリスク児:

全出生の約85%は、いわゆる健康新生児です。すなわち、妊娠・分娩にも異常 なく、在胎37週から41週、体重2500~3999gのあいだに生まれ、特にリスク(危険度)を有しない新生児です。しかしながら、残りの約15%は妊娠・分娩の異常も含め、未熟児や巨大児、奇形、あるいは仮死や呼吸障害があったり、その他いろいろなリスクをもって生まれてきます。すなわち、生命に対する、あるいはその後の予後に対して危険度をもった新生児です。このような、新生児期に異常をもった、あるいは異常を起こしやすい要因をもった新生児をハイリスク児と呼びます。このようなハイリスク児には特別な観察や治療、看護か必要となります。

NICU(neonatal intensive care unit)新生児集中治療室:

ハイリスク児のうち、重篤な児を昼夜の区別なく収容し、集中治療するのがNICUです。
保育器、人工呼吸器、微量輸注ポンプ、呼吸循環モニターなどの機器を備え、主として新生児を専門とするスタッフが24時間体制で治療を行う場です。

母体搬送(maternal transfer):

新生児の救命を目的として、分娩が切迫している時期に、妊婦を周産期専門医療機関(周産期センター)へ紹介することと定義されます。新生児医療に全力を傾注するうちに、重症の新生児をNICUに搬送するよりも、そのリスクが予研される妊婦をあらかじめNICUのある産科へ搬送する方が合理的であることが認識された結果なのです。

地域化(regionalization):

ハイリスク児の救急医療において、NICUの重要性はもちろんのことその効果が実際に発揮されるためには、ハイリスク児をただちにそこへ収容できるような地域的体制(地域化)と搬送体制を確立することが重要です。
「その地域で生まれたハイリスク児が必要な治療を受けることがなく死んでいくということがないように、いつでもどこでも、必要な最高の医療を受けられるようなシステム化」これがハイリスク新生児の地域化といえます。
現在は「新生児医療の地域化」だけでなく、リスクが予想される胎児と妊婦を周産期センターへ母体搬送する「周産期医療の地域化」が整備される時代となりました。