腫瘍内科

基本方針

「もしがんになったらどこの病院を受診すればいいの?」「治療は東京とか大阪とか大都市に行かなくては受けれないの?」・・・2人に1人ががんになり、3人に1人ががんでなくなる時代です。いろいろながん情報を整理する必要に迫られ、様々な不安や疑問が生じると思います。
 現在我が国では自分の住んでいる地域で、高い質のがん診療が受けれるよう地域単位の診療所、病院が連携しながら、がん診療を行えるようになってきています。
 九州医療センターも平成21年2月に「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受け、二次医療圏でのがん診療を支える中心的施設として地域の医療機関、そして「福岡県がん診療拠点病院」と密に連携をとり、がん診療にあたっています。
 そのような「地域がん診療連携拠点病院」の腫瘍内科として、私達は次の4つを診療の主たる柱にしています。

1. エビデンスに基いた化学療法(標準治療)を適切に行う
2. 多彩な合併症を有した複雑な症例の治療を行う
3. 新しい治療法の開発のための治療(臨床試験)を行う
4. 緩和医療をより早期から適切に行う

1. エビデンスに基いた治療を適切に行う

 近年の化学療法の発展に伴い、様々な新規薬剤や治療レジメンが存在するようになりました。そのため、エビデンスに基づいた適切な治療ストラテジーが要求され、患者さんの病気の種類、病期により「標準治療」を適切に選択し加療しています。標準治療の行えない患者様に対してもEBMに則った個々に適切な化学療法が行えるよう研鑽しています。治療法を選択するだけでなく、その治療を完遂させるための有害事象に対する支持療法も大変重要であり、腫瘍内科の腕の見せ所のひとつといえます。
 また、治療法にもよりますが化学療法や支持療法の進歩は治療の場を入院から外来へと安全に移行できるようにしました。外来での治療を希望される方のために、外来総合治療センターにて、安全かつ快適に化学療法が受けられるよう経験豊富なスタッフとともに日々努め、また、地域診療所/病院の先生方と連携し、様々な副作用への対応を行っています。

2. 多彩な合併症を有した複雑な症例の治療を行う

 がん患者数の増加や高齢化に伴い、様々な合併症や重複したがんを有する患者さんが増加しています。私達の科だけでなく、様々な科と連携し集学的に加療を行う必要性が高くなってきています。当院には循環器、呼吸器、脳血管、消化器などの診療科の枠を超えたサブセンターを有し、高度の専門医療を提供できる環境が整っており、複雑な合併症に対しても院内横断的にコンサルトし加療することが可能です。当科はその中において、がん治療の「コーディネーター」として院内横断的に各科と連携して加療を行っています。

3. 新しい治療法の開発のための治療(臨床試験)を行う

 「標準治療」のない希有な疾患や、新たな「標準治療」を創るために、臨床試験を行っています。様々な臨床試験グループに参加し臨床試験を行っています。

4. 緩和医療をより早期から適切に行う

 がん患者さんは、症状出現や診断の時点ですでに身体的苦痛を有していることが多く、より早期から症状緩和医療を行うことが大事とされます。また、症状には、身体的のみならず精神的や社会的な症状も存在します。そのような側面にもきちんと着目し、積極的に緩和ケアチーム(臨床心理士による精神症状ケア、ソーシャルワーカーによる社会的問題への相談支援など)との連携をはかっています。このような緩和医療の早期導入も我々腫瘍内科の大事な役割と考え、一人のがん患者さんに対し、医学的のみならず多元的全人的に加療を行っています。がんの進行に伴いより重点的な緩和医療を行う必要性が高まった際には、がん相談支援センター/地域医療連携室と連携して、緩和病院や在宅緩和医療導入のための併診、転医や転院支援も行っています。

当科に紹介される患者の皆様は、他院から、院内各科からと多岐にわたります。最も大切に考えていることは、当科はがん診療において「コーディネーター」であることです。高い総合診療力、他科あるいは患者・家族への説明能力、そしてこれらを裏づけるための分析力と論理的思考が必要です。
そのために院内カンファレンスや勉強会そして地域医療の先生方を通じて、つねに私達自身が切磋琢磨し、よりよい腫瘍内科であるよう常に意識しあっています。

質が高く、効率の良いがん診療は、地域医療の連携充実・発展とともに実践されていくと考えます。がん診療の主たる療養の場を「自宅」とするためにも、併存疾患の日常診療、そして安全に外来での抗がん剤を行うための副作用への初期対応としても地域診療所/病院の先生方との連携がとても重要なものとなります。
 「○○診療所の△△先生と九州医療センターがあるから、この地域のがん患者さんは安心ね」・・・そう思われることが私達の診療のいちばんの目標です。