地域医療連携部

かかりつけ医をもちましょう


当院は地域医療支援病院として、地域の病院、医院、診療所、クリニック等の患者のみなさまの「かかりつけ医」と連携し、患者の皆様の診療にあたっています。かかりつけ医と九州医療センターの医師とで、複数主治医として患者さんの診療あたるという体制になります。

外来通院されている患者のみなさまへは、「かかりつけ医」をもって頂くようお勧めしています。
「かかりつけ医」とは、日頃から患者さんの健康状態を把握、診療行為、健康管理上のアドバイスなどもしてくれる地域の診療所やクリニックの医師です。

常日頃から、患者のみなさまの状況をくわしく把握されています。ですから、いざというときに適切に対応され、精密検査や入院が必要な場合には、治療をスムーズに開始することができます。
また、かかりつけ医は、病気にならないための、予防医学という観点からも重要な役割を果たして頂いています。

日常の健康管理はかかりつけ医で、定期的な専門外来チェックや入院医療が必要な時には九州医療センターでといった役割分担を図っています。
地域の医療機関および医師の方々へ地域医療支援病院登録医療機関・登録医として登録して頂き、当院との密な情報交換を行い、診療連携の強化を図っています。
(かかりつけ医が登録医療機関でない場合もありますが、診療には差し支えありません。)

地域医療支援病院登録医療機関

中央区早良区西区博多区城南区東区南区
糸島市糟屋地区筑紫地区宗像地区福岡県内その他福岡県外

かかりつけ医をお持ちでない患者のみなさまには、地域医療連携室でご自宅や職場に近い医療機関の候補をお知らせし、当院の主治医からの紹介状をご準備して連携をお願いしています。
「かかりつけ医」のご紹介を希望される方は遠慮なく主治医または地域医療連携室へご相談下さい。