薬剤部

はじめに

薬剤部は、患者本位の立場に立って、医薬品適正使用の推進、高度医療の担い手として活動します。また、チーム医療の推進を図り、適正な在庫管理と効率的運用を図るとともに、薬剤師及び薬学生の指導などを目標とします。

九州医療センター薬剤部の方針

高度総合医療施設として、診療、臨床研究、教育・研修の3つの柱に情報発信という 機能を加え、より多様な医療のニーズに応えるべく日々研鑽するという 当院の方針に従い、患者の皆様の満足を第一に考え、常に患者の皆様の立場に立って 安全かつ最良最適な薬剤業務を実現します。 また、法律の遵守はもとより各種要求を満たし、患者の皆様からの要望を最優先に考え、 スタッフが一丸となり常に改善活動を実践していきます。

1)薬剤業務サービスの向上

患者の皆様の要望を確認し、それぞれの患者の皆様の多様なニーズに応えるべく、 有効な薬物療法の提供および医薬品に関する情報を積極的に発信し、 患者の皆様に十分満足いただける薬剤管理指導を目指します。

2)薬剤による医療事故の防止

常に医薬品管理に細心の注意を払い、改善活動・予防活動を繰り返し実践することにより、 薬剤が原因で発生する医療事故の撲滅を目指します。

3)高度医療に対応できる人材の育成

地域基幹病院の役割として、地域における薬剤師の卒前・卒後研修、生涯研修を 通じて、高度医療に対応できる人材を積極的に育成します。

4)臨床研究の推進

機能付けされた政策医療専門分野および高度総合医療施設にふさわしい組織横断的な臨床研究を実施します。

おしらせ

平成18年6月30日に「ISO9001:2000」の認証を国立病院機構として最初に薬剤部単独で取得しました

詳細はこちら