薬剤部

注射業務

調剤と同様に薬の用法、用量、重複投与、相互作用等がないか、注射薬の混合による品質の低下などがないかなどの確認(監査)を行っています。万が一間違った投薬が行われると内服薬に比べ効果の発現が早かったり、強く現れたり、内服薬に比べて危険性が高いため、間違いのないよう患者さん個別に準備して別の薬剤師が2重チェック(監査)して払い出しています。