専門外来

がんゲノム外来

当院の「がん遺伝子パネル検査」について

九州医療センターでは、がんの患者さん一人ひとりのがんに関する遺伝子情報を調べる「がん遺伝子パネル検査」を実施しております。

がん遺伝子パネル検査について

現在のがん治療は、発症臓器(肺・大腸など)と組織型(腺がん・扁平上皮がんなど)に応じて治療が行われています。
しかし、発症臓器が同じでもその遺伝子の異常は一人ひとりの患者さんごとに異なることが分ってきました。
近年がんは遺伝子異常によって引き起こされる病気といわれ、遺伝子を解析し、その異常を見つけることで患者さん一人ひとりにあった最適な治療につながる可能性があります。
これまでは一回の検査で一つの遺伝子を解析していましたが、最近では次世代シークエンサーという検査機器の登場により短期間で多数の遺伝子を一度に解析することが可能となりました。
これを利用して、がんの原因となりうる数百の遺伝子を検査するのが「がん遺伝子パネル検査」です。

当院の保険診療で実施するがん遺伝子パネル検査について

保険診療で実施するがん遺伝子パネル検査は、下記検査項目のどちらかになります。
 ・OncoGuideTMNCCオンコパネルシステム
 ・FoundationOne(R)CDx がんゲノムプロファイル
 ※自由診療でのがん遺伝子パネル検査は実施しておりません。

■ 保険診療で実施する2つのがん遺伝子パネル検査の大きな違いは、以下の通りです。
NCCオンコパネルシステム FoundationOneCDx
検査で解析できる遺伝子の数 114遺伝子 324遺伝子
検出された遺伝子異常が親から子へ
引き継がれるかどうか
区別できる:13遺伝子 区別できない
検査に必要なもの 病理組織と血液 病理組織

がん遺伝子パネル検査の対象となる患者さん(以下の要件を満たしている方)について

●悪性腫瘍(がん)と診断されている方(血液疾患を除く)で下記の条件を満たしている方
 ・固形がんで根治治療が困難な方
 ・固形がんで標準治療が終了または終了見込みの方
 ・原発不明がん、希少がんの方
 ・全身状態が良好な方
 ・遺伝子パネル検査に提出できる病理検体(採取後3年以内に限る)がある、または再採取が可能な方

がん遺伝子パネル検査に必要なものについて

 ・がん遺伝子パネル検査をするには、手術で摘出した病理組織、または生検で採取した病理組織が必要で
  す。※病理組織の品質によっては検査ができない場合や検査が中止となる場合があります。
 ・OncoGuideTMNCCオンコパネルシステムでは血液も必要となるため検査について同意された場合採血
  を行います。

がん遺伝子パネル検査の結果でわかること

 ・がん細胞の遺伝子異常が明らかになり、がんの特徴が分かります。
 ・遺伝子異常に対応した治療薬などの情報が得られる可能性があります。
  ※遺伝子異常に対応した治療薬などの情報が得られるのは、遺伝子パネル検査をうけられた患者さんの
   うち約10%と言われています。


がん遺伝子パネル検査を受けるにあたっての注意点

・がん遺伝子パネル検査の結果、がんの治療に有用な情報が何も得られない場合もあります。
・がん遺伝子パネル検査の結果、がん治療に繋がる薬剤の情報が見つかっても、その薬剤が入手困難な場合や、
 投与ができない場合もあります。
・がん遺伝子パネル検査の結果、ご家族・ご親類等が「がんになりやすい家系」ということが二次的に
 分かる場合があります。(事前説明にて結果を聞きたいか確認をさせていただきます)

がん遺伝子パネル検査後の治療について

 ・がん遺伝子パネル検査の結果、現在行われている臨床試験に登録できる可能性があると判断された場合、
  その臨床試験を実施している病院へ紹介します。
 ・がん遺伝子パネル検査の結果に基づいて治療を行っても、十分な治療効果が得られない可能性も
  あります。
 ・がん遺伝子パネル検査の結果、遺伝カウンセリングが必要な遺伝子異常がみつかり、専門医による
  遺伝カウンセリング外来を紹介する場合があります。(自由診療となる場合があります)

がん遺伝子パネル検査料金について


検査料金 支払額自己負担が3割の方の場合
検査について説明を受け同意された時 (検査開始時) 80,000円 24,000円
検査後結果説明時 480,000円 144,000円
※ 検査料金が高額になりますので事前に限度額適用認定証の手続きをお願いいたします。

がん遺伝子パネル検査フロー

現在、当院でがん治療中の方

 ※各診療科主治医にご相談下さい。



他医療機関にてがん治療中の方
 
●患者さんへ●
 ●がんゲノム外来は完全予約制です。現在通院中の主治医に相談し、主治医から受診予約をしていただく
 必要があります。※患者さんからの受診予約は受け付けておりません。
 ●初回のがんゲノム外来受診は、相談として受診して頂きます。
  ・受診されてもその後必ず検査できるとは限りません。
  ・相談後検査できると判断された場合は、別日に再度受診して頂く必要があります。
  ・相談後検査を希望されない(できない)場合も受診料はお支払いいただきます。

●医療機関の方へ●
 ●原則として、現在受診中の医療機関より受診予約を取っていただきます。
 まずはがんゲノム診療センターへご連絡をお願い致します。
 (受診日を調整し改めてがんゲノム診療センターよりご連絡させていただきます。)
 ●がんゲノム遺伝子パネル検査では病理組織が必要です。
 がん遺伝子パネル検査提出検体チェックシートにて条件を確認して頂き、ブロックの貸し出し
 または未染スライドの場合:4μm厚さで15枚(手術検体)から20枚(生検検体)、HEスライドが準備可能か
 確認をお願い致します。(検査できると判断された場合、提出して頂きます)
 ※初回受診時は、検査に提出する病理組織のHEスライドの提出をお願い致します。
 ●がんゲノム遺伝子検査では、これまでの治療歴、家族歴について詳細な情報が必要になります。
 そのため、初回受診時の診療情報提供書は当院ホームページより「がんゲノムに関する診療情報
 提供書」
をダウンロードして頂き記入をお願い致します。

 ★1回目の受診日に必要なもの
  ・「がんゲノムに関する診療情報提供書」 (当院ホームページよりダウンロードしてご利用下さい)
   ※薬物療法シートの入力は1回目の受診後、検査提出が決まって2回目に受診いただく前までに提出
    いただければ問題ありません。

  ・病理診断報告書
  ・HE染色スライド
   ※当院で腫瘍含有率を確認させていただき検査適応と判断された場合は、ブロックの貸し出しまたは
    未染スライドの場合:4μm厚さで15枚(手術検体)から20枚(生検検体)の提出をお願いさせて
    いただきます。
 

 ★2回目の受診日までに必要なもの 
  ・病理ブロックまたは未染スライドの場合:4μm厚さで15枚(手術検体)から20枚(生検検体)
   ※当院より1回目の受診後に病理標本の提出について連絡をさせて頂きます。

外来受診の流れ 


がん遺伝子パネル検査に関するお問い合わせ先

九州医療センター がんゲノム診療センター(担当:岩橋)
電話092-852-0700(代表)
対応時間:月~金 9:00~16:00
(土曜日・日曜日・祝日・12月29日~1月3日除く)

医療関係者の方へ

すべてを閉じる

専門外来

地域医療連携室

医療チーム

中央診療部

事務部門

臨床研究について

臨床研修部