循環器センター

血管センター

概要

血管センターでは、循環器系疾患のなかでも大動脈、大静脈、手足(四肢)の動静脈、リンパ管などの病気(疾患)に対する診療を専門的に行っており、血管外科、心臓外科、および、循環器科により構成されています。当センターが扱う主な病気は、胸部大動脈瘤、大動脈解離、腹部大動脈瘤、四肢の動脈閉塞症、下肢静脈瘤、深部静脈血栓症などです。当センターでは、血管疾患の診断から治療、その後のフォローアップまでのすべてをカバーしています。治療法に関しては、外科的な手術治療に加えて、カテーテルを用いた血管内治療、さらには手術などによらない、飲み薬や点滴注射、運動療法などによる内科的治療と幅広い治療法の中から、それぞれの患者の皆様に対して最も適したものを選択するようにしています。

胸部大動脈瘤、大動脈解離などの胸部大動脈疾患は心臓外科が担当しますが、それ以外の血管の病変は主に血管外科が担当しています。また、四肢の動脈閉塞症に対する血管内治療は血管外科と循環器科で協力して治療を行っています。最近、大動脈瘤に対する血管内治療としてステントグラフト内挿術が注目されています。当センターでもステントグラフト内挿術をいち早く導入しており、腹部大動脈瘤に対しては血管外科で、胸部大動脈瘤に対しては心臓外科と血管外科が協力して治療を行っております。

近年、高齢化に伴い動脈硬化症に関連した血管疾患が非常に増加しています。喫煙、高血圧、糖尿病、高コレステロール血症などが動脈硬化の危険因子として広く知られていますが、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などと比べて四肢の末梢血管疾患はあまり知られていません。しかし、いずれも動脈硬化が原因となる疾患であり、心疾患の患者さんが四肢動脈疾患を合併する場合や、その逆の場合などが増加しています。そのため血管疾患の治療は複数の科で協力して治療にあたる必要があります。当センターでは、血管外科を中心として循環器科・心臓外科の関係との連携のもとに、血管疾患に対して最良、最適な治療を選択し、提供していくことを目標としています 。

診療実績

血管センターの治療実績はこちらの「ページ」をご覧下さい。